サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JAF、初のクラウドファンディングで介助犬の育成支援 「交通社会を支える一員」広く浸透へ

ここから本文です
 日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は、介助犬の育成支援をねらいとしたクラウドファンディング「介助犬育成支援プロジェクト!思いやりある交通社会への道をみなさまと」を5月31日まで実施する。身体が不自由な人の行動、移動をサポートする介助犬が、自動車や歩行者などと同様に“交通社会を支える一員”であることを広く理解してもらうため、育成支援に乗り出した。JAF初のクラウドファンディングとなる。

 JAFは「街をゆく全てのクルマが思いやりをもって運転すれば、より安全な交通社会が成り立つはず」という想いを込めて「思いやりティドライブキャンペーン」を展開している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ