サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【3Dプリント技術によるハイパーカー】チンガー21C続報 11000rpmまで回るV8エンジン+2基のモーター 最高速度432km/h

ここから本文です

重量出力比は1:1

米国で新たに誕生した自動車メーカーのチンガーは、その「掟破り、記録破り」なハイパーカー、21Cのさらなる情報と驚異的なパワートレインについて明らかにした。

【画像】チンガー21C 全30枚

アストン マーティン・ヴァルキリーのライバルとして、わずか80台の限定生産となるチンガー21Cは、3月のジュネーブ・モーターショーで一般公開が予定されている。これに先駆け、チンガーはそのパワートレインに関するスペックを発表した。

自社開発した2.88LフラットクランクのV8ツインターボ・エンジンは、11000回転まで回り、最高出力950psと最大トルク75.9kg-mを発生。

おすすめのニュース

サイトトップへ