サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗02」新しいSUBARUレヴォーグの完成度は抜群。アイサイトXは自動運転に一歩近づいた!

ここから本文です

走りは「激変レベル」STIコンプリートカーの洗練されたイメージ

 プラットフォームはインプレッサから採用がスタートしたSGP(スバルグローバルプラットフォーム)の進化型。具体的にはフルインナーフレーム構造(外板パネルを最後に結合)と構造用接着剤の使用拡大、樹脂リンフォースにより高いボディ剛性を追求(ねじり剛性は従来比44%アップ)。新型は、締結剛性を引き上げる新形状ボルトを採用した。

「新型ハリアーはライバル不在?」ボクサー4+4WD、無骨さが魅力。フォレスターはSUBARUの思想を体現した

 足回りは新世代。体幹を鍛えた車体に、ロングストローク化されたサスペンションを組み合わせる。

おすすめのニュース

サイトトップへ