現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今までこんな面白いバイクに乗ったことがない!YAMASAKI『YM-125III』の魅力とは~高梨はづきのきおくきろく。~

ここから本文です

今までこんな面白いバイクに乗ったことがない!YAMASAKI『YM-125III』の魅力とは~高梨はづきのきおくきろく。~

掲載 4
今までこんな面白いバイクに乗ったことがない!YAMASAKI『YM-125III』の魅力とは~高梨はづきのきおくきろく。~

 皆さん、こんにちは。高梨はづきです。 本日お届けするのは、なんと20万円を切るキットバイク、YAMASAKI『YM-125III』をお届けするよ!

 まず、YAMASAKIというメーカーについて。わたしは初めて耳にしたんだけど…調べてみると、車/スクーター/スポーツモデルなど製造販売を行っている中国江蘇省の会社みたい。日本では、株式会社アライブプラスという会社が輸入代理店になっていて、以前Nicot Motorcycle『PT-125』に試乗した時にもお世話になったところなんだ。

破格の新車20万円切りはヤマハでもなければカワサキでもない「YAMASAKI」だ! プラモ感覚で組み立てろ、旧車好き必見OHVエンジンで激走!!

 さて、冒頭一発目に”キットバイク”という説明をしたけど、「え?なんて?」って思った人は少なくないはず。キットという言葉が指すのは組み立て用部品一式が揃っていると言うことで、この「YM-125III」は完成バイクじゃなくて、自分で組み立てるバイクなの。わたし自身も、一度聞いただけでは聞きなれない言葉で、初めて聞いた時は「え?なんて?」って聞き直しちゃうくらいビックリしたよ。「バイクってそんな売り方されるの!?」って。とにかく、プラモデルみたいで面白そうだよね!

 完成品と比べて、どこまで崩された状態で送られてくるかざっくり説明すると、タイヤ・ハンドル・サスペンション・ウィンカー・各ペダルなどが外れている状態。

 キットバイクの組み立て方は、アライブプラスがYouTubeチャンネルに投稿しているハウツーマニュアルを参考にするのがよさそう。これを見れば、バイクを一台組み上げることができるので、ある程度バイクの知識がある人であれば、手順に沿って誰でも組み上げることができそうだね。バイク屋さんに相談して組み上げてもらうパターンもいいし、興味がある人はまず動画をチェックしてみてね!出来上がっていく工程をみるのも面白かったなぁ。

 さて、今回は、すでに組み上げられた状態の「YM-125III」に試乗させてもらったよ!

 個人でも組み立てられるっていうから、どんな簡素なバイクがやってくるのかと失礼な想像をしていたけど…めちゃくちゃちゃんとしたバイクで笑っちゃった!

 なんだか80年代、いやもっと前の雰囲気を漂わせていて昭和レトロな感じ。これはわたし好みのルックスだな~って、ぐるりと見回してみたけど、やっぱり思っていたよりしっかりしている。これがキットバイクなんて想像がつかないよね。

 わたしが気に入ったのは、ウィンカーやテールが四角で、かつ、ライトはハロゲンタイプなところ。現代では逆に新しいよね。2019年に日本にやってきたホンダの逆輸入車「CG125」を彷彿させる、まさに実用車という飾らないスタイリングがグッドです。いやぁ…YM-125III…レトロで可愛いなぁ!

 跨ってみると、シート高770mmはわたしの身長(158cm)で両足ベッタリ。125ccとはいえ、中国からの輸入車両だとどうかなと思ったけど、不安なく跨ることができたよ。

 そして車体の乾燥重量が98Kgとめちゃくちゃ軽い!キットバイクとしてはここの重量も大事なんだろうなと思った。組み立てる時重かったらキツイもんね。

 座った位置からハンドルまでの距離が近いので、乗車姿勢としては上体が完全に起き上がるよ。運転する時はお尻を少し後ろにずらし気味で乗った方が、キビキビした走行時にバランス取りやすそうだなという印象。

 タンク容量は11Lだからガソリンを入れたら、もちろんその分重くなるけど、空冷単気筒エンジンなのも、この軽さを手伝ってくれているのかな。実用車ベースということなので、燃費が良いといいね。

「YM-125III」には、セルスターターとキックペダルの両方が付いているよ。一発目はキックでエンジン始動してみたけど、キックペダルの経験が浅いわたしでも簡単にかかってくれた!出先で、セルの反応が悪くてエンジンかからなくなっても、キックがあるからお守りがわりとなるし安心だよね。

 マフラー音は、ドコドコドコ…とブリキの玩具みたいで面白い!ポコポコした振動がお尻や腕に感じられる。自分で苦労して組み立てた後に、エンジンかけた時のこの感覚が全身に伝わったらかなり感動するだろうなぁ。想像するだけで…なんかいいなぁ。

 ペダルはシーソー方式になっていて、0がニュートラルの代わりになっているよ。5速ギヤなので、0をニュートラルとして0-1-2-3-4-5となる。シフトペダルの前部を踏み込むとギヤが変わるみたいだね。ペダルを下げてギヤを上げるので、日本では標準な1ダウン4アップまたは5アップの操作に慣れた人には、身体が覚えるまで少し時間がかかるかも。

 ちなみに、1の状態から踵のシフトをダウンさせれば0になるし、1-2の間にNがあるように、つま先のシフトを1からトンっと少し上げれば0になったよ。理解してしまえばイージー!

 スタートは、アクセルの感覚に遊び(スムーズではない)があるものの、しっかりと発進してくれることを確認出来たので一安心。信号待ちから勢いのあるスタートダッシュを決めるまでの力はないけど、そこからはまずまず伸びがいい。

 わたしの中ではやっぱりオモチャのようなイメージなのも相まって、無闇にガチャガチャ変速するのが楽しくて、ついでにアクセルをたくさんひねってしまう。童心に帰れるバイクといえばいいのかな?

 バイクからドゥルルルルって響いてくる音だけでなく、どこからか聞こえるガチャコン音がロボットを扱っているみたいで、バイクに乗っているというより動く何かに乗っている感覚にもなる。今までこんなおもしろいバイク乗ったことないかも! ふと思い出した小さい頃の夢。でかいロボットの肩に乗ってみたいって、夢が叶ったみたいだった(ちょっと違うけど)。

 小道にスイスイ入っていくと、商店街のガラス窓に映る自分の姿を見て、ハッと我に帰り、あ、バイクに乗っているんだということに気付かされたとき、YM-125III、きみは面白いバイクだなぁってニヤニヤしてしまった。笑

 最近このコラムで乗ってきたような、最新のバイク達とはまた一味違った、ふわっと昔にタイムスリップしたみたいなバイク。新車なんだけど、新車じゃないような。これで新車なんだから本当に不思議。

 ピカピカの新車なんだけど、おじいちゃんのような、そしてそんなバイクが頑張ってわたしを運んでくれていることへ愛着がどっと湧いて、乗っている最中でも自然とニコニコしてしまうのよ。すれ違うバイク達に「このバイク、もとはキットバイクなんだぜ?」という謎の優越感が、自慢したい心とともに湧き出てくる。巷で噂の何ccおじさんに会ったら、「125ccです…でもキットバイクで自分で組み立てました…」って自慢したい。

 さてさて、125ccという排気量帯は、やっぱり日本においても街中を中心に、実用的に使うのが一番適していると感じるんだけど、YM-125IIIは住宅街で走っても楽しいバイクだったよ!

“トコトコ運転”のポテンシャルが高いから、外壁で見えない道や悪路も、小回りのきく足回りのおかげでサクサクとハンドルが振れて即座に反応してくれる。車重も軽いから、多少雑に扱ってもバランスも取りやすくて、ちょっとスポーティにも楽しめるんだ。このままオフロードもいけちゃうんじゃないかって思うけど…いけそうじゃない?

 シートはフカフカでお尻に優しいから、路面からの振動は緩和してくれるのに役立ってくれていて、メーターはアナログで燃料系もデジタルで見やすいし、ウィンカーが中ボタンでちゃんと消えるのはストレスフリー。右のスイッチボックスにはライトが消せるスイッチが標準装備されていて、ここにもレトロさを感じ取れるよね。ただヘッドライト点灯は、平成10年4月以降製造のバイクには法律で義務化されているから乗る時は注意しよう!

 キットバイクを自分で組み立てるだけなのも楽しいけど、これをベース車両として、日本の多様なパーツによってカスタムして自分色に染めていくのもまた醍醐味だよね。

 車両本体箱渡しでの販売価格 18万1800円(税込 19万9980円)と税込20万円を切る激安バイク。気になる人は是非一台手に入れて楽しんでみてはいかが?

 ということで本日はここまで! また8のつく日にお会いしましょう!

関連タグ

こんな記事も読まれています

コラピントがF1アブダビテストでウイリアムズFW45を初ドライブ。夢見た瞬間に「信じられない体験だった」
コラピントがF1アブダビテストでウイリアムズFW45を初ドライブ。夢見た瞬間に「信じられない体験だった」
AUTOSPORT web
レース職人立川をワタシは見た。auto sport 1月号は立川祐路引退特集
レース職人立川をワタシは見た。auto sport 1月号は立川祐路引退特集
AUTOSPORT web
トヨタ「シエンタ」サイズ! 6速MT搭載の「新型コンパクトミニバン」登場! 斬新な「SUV風デザイン」がカッコイイ! 最高にちょうどいい「トルネオ クーリエ」とは
トヨタ「シエンタ」サイズ! 6速MT搭載の「新型コンパクトミニバン」登場! 斬新な「SUV風デザイン」がカッコイイ! 最高にちょうどいい「トルネオ クーリエ」とは
くるまのニュース
チャンピオン獲得に必要な『悪さ』と『経験値』。マシアvs佐々木/MotoGPの御意見番に聞くバレンシアGP
チャンピオン獲得に必要な『悪さ』と『経験値』。マシアvs佐々木/MotoGPの御意見番に聞くバレンシアGP
AUTOSPORT web
時代に合わせて進化したランクル“70”が日本で再発売|TOYOTA
時代に合わせて進化したランクル“70”が日本で再発売|TOYOTA
OPENERS
【大阪府 箕面市】黒毛和牛の旨みが詰まったダブルチーズバーガー【寄り道したいご当地グルメ】
【大阪府 箕面市】黒毛和牛の旨みが詰まったダブルチーズバーガー【寄り道したいご当地グルメ】
グーネット
子育てに車は必要?子育て世代におすすめの車10選
子育てに車は必要?子育て世代におすすめの車10選
グーネット
手ぶらでキャンプやBBQが楽しめる「キャンプ体験付きレンタカープラン」開始 エクシア
手ぶらでキャンプやBBQが楽しめる「キャンプ体験付きレンタカープラン」開始 エクシア
グーネット
ふるさと納税で「NP1」が返礼品に! 埼玉県川越市が採用 パイオニアの次世代車載器
ふるさと納税で「NP1」が返礼品に! 埼玉県川越市が採用 パイオニアの次世代車載器
グーネット
【北海道 札幌市】1皿で大満足の、ダイナマイトパワーランチ!【寄り道したいご当地グルメ】
【北海道 札幌市】1皿で大満足の、ダイナマイトパワーランチ!【寄り道したいご当地グルメ】
グーネット
イタリアの“パトカー”がカッコいい!国家警察がアルファロメオ「トナーレ」導入を発表
イタリアの“パトカー”がカッコいい!国家警察がアルファロメオ「トナーレ」導入を発表
グーネット
新パーツ続々登場。ドゥカティのM.マルケスに加え、各ライダー達が新天地で始動/バレンシア公式テスト
新パーツ続々登場。ドゥカティのM.マルケスに加え、各ライダー達が新天地で始動/バレンシア公式テスト
AUTOSPORT web
フィアット『トッポリーノ』の抽象アート? 愛嬌たっぷりのミッキーマウスを描く
フィアット『トッポリーノ』の抽象アート? 愛嬌たっぷりのミッキーマウスを描く
レスポンス
【MotoGP】「テストに過ぎない」理論は通用しない? マルク・マルケスのドゥカティ乗り換えが大成功を収めたと言える理由
【MotoGP】「テストに過ぎない」理論は通用しない? マルク・マルケスのドゥカティ乗り換えが大成功を収めたと言える理由
motorsport.com 日本版
衝撃映像!恐怖の「ながら運転」相変わらず多発する「工事箇所に突っ込むクルマ」にNEXCO緊急喚起
衝撃映像!恐怖の「ながら運転」相変わらず多発する「工事箇所に突っ込むクルマ」にNEXCO緊急喚起
乗りものニュース
ホンダ ZR-Vのスポーティさを昇華&新型N-BOX/N-BOXカスタム用パーツが「無限」から登場! 体験してみた
ホンダ ZR-Vのスポーティさを昇華&新型N-BOX/N-BOXカスタム用パーツが「無限」から登場! 体験してみた
くるまのニュース
ペットの「だ液汚れクリーナー」やニオイ消しを展開するクリンビュー…カーケア用品のノウハウ×安全性強みに
ペットの「だ液汚れクリーナー」やニオイ消しを展開するクリンビュー…カーケア用品のノウハウ×安全性強みに
レスポンス
全長4.9m! トヨタが新型「ランドクルーザー70」発売! 最強すぎる斬新「カスタム仕様」も世界初公開! めちゃカッコいい魅力的な「オプションパーツ」とは
全長4.9m! トヨタが新型「ランドクルーザー70」発売! 最強すぎる斬新「カスタム仕様」も世界初公開! めちゃカッコいい魅力的な「オプションパーツ」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
  • これは確実にホンダCG125のコピー商品ですね。しかもYAMAHAとKAWASAKIのメーカー名を混ぜ合わせた悪質さ。メーカーの権利を守るためにもこのようなコピー商品は買ってはいけないと思う。
  • keweseki!!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村