サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスのロビー活動は裏目に出た? レッドブルのヘルムート・マルコ「1チームが問題を抱えているだけ」

ここから本文です

 2022年のF1で多くのマシンが見舞われているポーパシングについてFIAが介入する姿勢を見せているが、レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、メルセデスが行なったロビー活動が「裏目に出た」と考えているようだ。

 メルセデスをはじめ、複数のドライバーがアゼルバイジャンGPの後に今季のマシンが抱えるポーパシングの問題について懸念を表明したことを受け、FIAがその対策に乗り出した。

■メルセデス代表、激怒! ”2本目のステー”許さない他チームの対応は「哀れだし、不誠実」

 カナダGPの直前には、FIAが技術指令を通達。

おすすめのニュース

サイトトップへ