サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラEベルリンePrix・レース3|マキシミリアン・ギュンター、タイトル争いに望みを繋ぐ優勝

ここから本文です

フォーミュラEベルリンePrix・レース3|マキシミリアン・ギュンター、タイトル争いに望みを繋ぐ優勝

フォーミュラEベルリンePrix・レース3|マキシミリアン・ギュンター、タイトル争いに望みを繋ぐ優勝

 フォーミュラEの2019-2020シーズンの第8戦、テンペルホーフ空港で今季3レース目となるベルリンePrixが行なわれ、BMWのマキシミリアン・ギュンターが優勝。ギュンターはエネルギーを巧みにマネジメントし、レース後半にはポールポジションからスタートしたジャン-エリック・ベルニュ(テチータ)をオーバーテイク、最終盤にはロビン・フラインス(ヴァージン)の猛追を受けたがこれを凌ぎ切り、フォーミュラEでの2勝目を挙げた。

 絶好のスタートを見せたのは、3番グリッドにつけたジェローム・ダンブロジオ(マヒンドラ)だった。ダンブロジオはターン1までにギュンターの前に出ることになったのだ。このバトルを尻目に、先頭のベルニュは早々に2秒のリードを築いた。

■FEベルリン2:ダ・コスタ圧巻の連勝。ランキングのリードを68ポイントに広げる

 しかしギュンターは2周目にダンブロジオを抜き返すことになるがその直後、ターン11で多重クラッシュが発生してしまう。これは、アレクサンダー・シムス(BMW)がターン9のヘアピンでセルジオ・セッテ・カマラ(ドラゴン)のイン側に飛び込んだのが発端。セッテ・カマラはシムスとの接触を避けようとワイドになった際、ジェームス・カラド(ジャガー)をスピンさせてしまったのだ。

 セッテ・カマラはレースに復帰しようとしたが、その際にジャガーのもう1台、ミッチ・エバンスと軽く接触してしまう。その結果、ポルシェのニール・ジャニは行き場を失い、セッテ・カマラに激突。両者はリタイアすることになった。これでセーフティカーが出動した。

 セーフティカー退出時、先頭のベルニュは最初のアタックモードを起動し、2番手ギュンターに1.7秒のリードを築く。

 ギュンターが2番目のアタックモードを使った時、彼の勝利のチャンスは潰えたかに見えた。しかし、ベルニュの回生パドルの誤作動が明らかになり、予定以上のエネルギーを消費していることが判明……これでギュンターが近付くことになった。

 ギュンターは30周目、最終コーナーからベルニュのマシンに並びかける。しかし、一瞬2番手となるものの、ベルニュはギュンターを抜き返して首位のポジションをキープする。

 しかしギュンターは諦めない。ギュンターはベルニュのスリップストリームに入り、バッテリーの温度上昇というリスクはあったものの、エネルギーを節約した。しかしターン6で仕掛けたギュンター……ベルニュはこれを凌ぐも、続くコーナーで抜き返し、ついに先頭に躍り出た。

 一方、ヴァージンのフラインスは、ベルニュよりもエネルギー残量に余裕があり、ターン1でベルニュをオーバーテイク。首位のギュンターを追った。

 最終ラップでフラインスは、ギュンターにプレッシャーをかけるもオーバーテイクまでは至らず……結局ギュンターが0.128秒差でトップチェッカーを受けた。

 ベルニュは最終的にはチームメイトのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタとの表彰台争いとなったが、なんとかこれを抑えて3位に入った。

 ポルシェのアンドレ・ロッテラーが5位、日産・e.ダムスのオリバー・ローランドが6位に入った。

 このレースの結果、ダ・コスタは相変わらず2番手ギュンターに大差をつけ、ドライバーズランキングをリードしている。その差は68ポイントと、ダブルスコア近い差だ。残るは、今回と同じテンペルホーフ空港で行なわれるベルリンePrixの3レースである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します