サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2エミリア・ロマーニャ決勝:フェルナンデス、タイトル争いに手痛い転倒ノーポイント。優勝はサム・ロウズ

ここから本文です
 ミサノ・サーキットでMotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、サム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)がポール・トゥ・ウィンを果たした。

 Red Bull KTM Ajoのレミー・ガードナーとラウル・フェルナンデスによるタイトル争いが僅差となっているMoto2クラス。今回はランキング2番手のラウル・フェルナンデスが予選で先行し9番手、ポイントリーダーのガードナーは14番手からのスタートとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン