サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲンの”TさいSUV”「T-クロス」が発売開始!

ここから本文です

フォルクスワーゲンの”TさいSUV”「T-クロス」が発売開始!

「T-クロス」は昨年末の発表から2カ月で1800台以上の予約受注を獲得

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は、昨年11月末に発表したフォルクスワーゲンの SUVシリーズの中で最も小さなSUV、「T-クロス」の導入を記念した特別仕様車2モデルの発売を1月28日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて開始した。消費税込みの車両本体価格は、「T-クロスTSI ファースト」が2,999,000円、装備の一層充実させた「T-クロスTSI ファースト ・プラス」が3,359,000円となる。

フォルクスワーゲンの「新虎ヴィレッジ」に「フリーウォール」が登場!

T-クロスは、フォルクスワーゲンのSUVシリーズの中で最も小さなSUVで、全長・全幅・全高は、4,115mm、1,760mm、1,580mm。コンパクトなボディながら広々とした居住性に加え、クラストップレベルの広大な荷室容量を備え高い実用性も有している。さらに、リヤシートが最大14cm前後にスライ ドするなど、車内のレイアウトを簡単に変化させることも可能となる。

パワートレインは、1L 3気筒ガソリンターボのTSIエンジンに7速DSGを組み合わせ、軽快かつ俊敏な走りを実現。SUVならではの使いやすさ同様、安全性と快適性においても、フォルクスワーゲンの新世代骨格であるMQBの採用や上級モデルに採用される先進安全装備を多数搭載、ハイレベルに仕上げられている。

導入記念特別仕様車であるT-クロスTSI ファースト、T-クロスTSI ファースト・プラスには先行車を完全停止状態まで自動追従して走行するアダプティブクルーズコントロール"ACC" (全車速追従機能付)、駐車支援システム"パーク・アシスト"、プリクラッシュブレーキシステム"フロント・アシスト"(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)、車両後方の死角を監視しドライバーに警告を発するブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)などが標準装備される。

快適性では、ナビゲーション機能やオーディオシステムに加え、コネクテッドカーとしての機能を有するフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム"ディスカバー・プロ"や、ケーブルに接続せずにスマートフォンを充電できるスマートフォンワイヤレスチャージングなども特別に標準装備。T-クロスTSI ファースト・プラスでは、内外装のカラーを個性的に彩る 3 色のデザインパッケージ〈ブラック〉〈オレンジ〉〈グリーン〉を標準設定とし、ドアミラーやアルミホイールに加えてインテリアも3色の中から選択できる。これによってデザインパッケージとの組み合わせにより、全21バリエ―ションの中から、自分に合った1台を選ぶことが可能だ。

なお、昨年11月末の発表後、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで実車を展示した“T-クロス全国キャラバン”では、多くの来場者が「使いやすいボディサイズ」や「クラストップレベルの荷室容量」、多彩な「カラーバリエーション」などが高く評価。発表から2カ月で発売前にも関わらず1800台を超える予約受注を獲得している。

「T-Cross」スペシャルページ:URL: https://sp.volkswagen.co.jp/t-cross/








おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します