サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【レクサスやアルファードに乗り替えも!?】スポーティすぎる新型クラウン 販売現場の評判は?

ここから本文です
 セダンマーケットが大幅に縮小しているなかにあって、国産セダンでは独り勝ち状態にあるクラウンだが、 2018年6月の発売から1年が経過し、販売にデビュー時の勢いがなくなっているのも事実だ。

 現行クラウンはクラウン史上初めてニュルブルクリンクで走行テストをしたことがセールスポイントになっているが、そのいっぽうで「硬すぎる」、「ここまでスポーティである必要はない」、といった意見もユーザーから聞こえてくる。

おすすめのニュース

サイトトップへ