サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペンに浴びせられたブーイング、ハミルトンも批判「ブーイングしても何も変わらない」

ここから本文です

 シルバーストン・サーキットで行なわれているF1イギリスGPだが、予選後にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が観客からブーイングを浴びせられていた。この状況には、母国戦のルイス・ハミルトン(メルセデス)も自制を促した。

 フェルスタッペンは予選で2番手を確保とまずまずの結果。セッション中にはスピンを喫する場面もあったが、その際にも観客席からは歓声があがる瞬間があった。

■フェルスタッペン、アブダビGPの”論争”を気にせず「セナ/プロの一件だって、今は楽しめているんだから」

 そうした出来事について予選後の会見で、フェルスタッペンはインタビュアーの声が聞こえなかったことは「少し残念だった」と語った。ただ、ブーイングは気にしないとも主張している。

おすすめのニュース

サイトトップへ