サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昔はスタイルを優先していた!? 秀逸なデザインの個性派軽自動車5選

ここから本文です

昔はスタイルを優先していた!? 秀逸なデザインの個性派軽自動車5選

■個性的でスタイリッシュなデザインの軽自動車たち

 クルマの外観デザインは単に見た目を追求するだけでなく、居住性や走行性能、生産性にも影響するため、慎重に検討されます。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 なかでも、近年の軽自動車は、限られたサイズのなかで最大限の室内空間を確保するために、トールワゴンやハイトワゴンは似たようなフォルムになりがちです。

 一方で、かつての軽自動車には個性的なデザインを追求したモデルもありました。そこで、秀逸なデザインの軽自動車を5車種ピックアップして紹介します。

●スズキ「フロンテクーペ」

 1962年に「スズライトバン」の乗用車版として登場したスズキ「フロンテ」はFF方式のセダンでしたが、1967年に発売された2代目では駆動方式をRRに変更。360cc空冷2サイクル直列3気筒エンジンを搭載したことで、同年にデビューしたホンダ「N360」とのパワー競争の幕開けとなりました。

 1970年にモデルチェンジされた3代目では「スティングレイルック」と呼ばれる、シャープでスタイリッシュな2ドアファストバックセダンに生まれ変わります。

 そして、1971年に「軽自動車初のスポーツカー」とも呼ばれる「フロンテクーペ」を発売。

 巨匠ジウジアーロによるデザインは、低いフロントノーズと傾斜したフロントガラスから続く小さなキャビンスペースで構成され、まるでイタリアのスーパーカーを小さくしたようなフォルムでした。

 発売当初は2シーターのみで、内装には6連メーターを備えたスポーティなインパネを配置するなど、ドライバーをワクワクさせる演出を多数設定。

 3連キャブの装着により37馬力を誇る、360cc水冷2サイクル直列3気筒エンジンをリアに搭載し、刺激的なフィーリングで走りもスポーツカーそのものでした。

●ホンダ「Z」

 1967年にデビューしたホンダN360は、FF方式を採用して広い車室空間を実現し、オートバイの設計で培った技術を活かした360cc空冷直列2気筒エンジンを搭載して大ヒットします。

 そして、1970年にはN360をベースとした軽自動車初のスペシャリティカー、「Z」が発売されました。

 ボディは2ドアクーペのみで特徴的なリアガラスハッチは、その形状から「水中メガネ」の愛称で親しまれます。

 上位グレードに搭載されたエンジンは、ツインキャブレターが装着された360cc空冷直列2気筒で36馬力を誇り、オートバイ譲りの高回転型でスポーティな走りを実現。

 さらに、フロントディスクブレーキや当時としては珍しかった5速MTを採用するなど、見た目だけではないスペシャリティカーとなっていました。

 その後、1971年にはエンジンが水冷化され、1972年にはBピラーを廃した2ドアハードトップになるなど、ビッグマイナーチェンジがおこなわれました。

●ダイハツ「フェローMAX ハードトップ」

 ダイハツは1966年に発売された「フェロー」で軽乗用車市場に参入。

 大人4人が無理なく乗れることを目指した箱形ボディに、軽トラック「ハイゼット」用360cc空冷2サイクル直列2気筒エンジンを水冷化して搭載しました。

 しかし翌年、N360の大ヒットにより人気を奪われてしまったことから、1970年のモデルチェンジでは、当時の軽自動車で最高値となる40馬力までパワーアップした2代目となる「フェローMAX」を発売。

 フェローMAXでは初代のFRからFFに駆動方式が変更され、先進の4輪独立懸架を採用。広い室内空間を実現した2ドアセダンと3ドアバンに加えて、1971年にはスタイリッシュな2ドアハードトップが追加されます。

 2ドアハードトップはBピラーを廃したスタイリッシュなサイドビューで、ツインキャブエンジン車にはフロントにディスクブレーキを装備するなど、ホンダZやスズキ フロンテクーペに対抗しました。

■実用性よりもスタイルを優先した軽自動車とは!?

●ホンダ「トゥデイ」

 1974年に軽自動車市場から撤退したホンダは、11年ぶりに軽自動車を発売。

 1985年にデビューしたホンダ「トゥデイ」は、それまでにない低い全高にロングルーフとショートノーズを採用し、広い室内空間とスタイリッシュな外観を実現した新時代の軽ボンネットバンです。

 フロントフェイスには丸型2灯ヘッドライトを配置することで、かわいさを表現し、シングルワイパーなど新しい試みにもチャレンジ。

 搭載されたエンジンは軽商用車「アクティ」用をベースにした550cc直列2気筒で、最高出力は31馬力を発揮。組み合わされたトランスミッションは4速MTとホンダ独自のAT「ホンダマチック」が設定されました。

 4輪を四隅に配置するロングホイールベースとしたことで、軽自動車としては高い走行安定性能を発揮し、スタイリッシュなフォルムと相まって人気となります。

 その後、1988年にはPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)を採用した3気筒エンジンを搭載し、スポーティモデルには5速MTも設定され、乗用タイプが追加されました。

 そして1990年には軽自動車規格の変更に合わせてマイナーチェンジがおこなわれ、660cc3気筒エンジンに換装されています。

●スバル「R1」

 2005年に発売されたスバル「R1」は、同社の5ドアハッチバック「R2」にも似た外観でしたが、全長やホイールベースが短い3ドアハッチバッククーペモデルとなっていました。

 シニア世代や女性を主なターゲットとし、乗車定員は4名でしたがリアシートはエマージェンシー用で、実質は大人2人が快適に過ごせることに特化した室内です。

 内装もR2と同様でしたが、カラーリングがR1専用にコーディネイトされるなど、スペシャリティカーの要素もありました。

 搭載されたエンジンは54馬力の660cc直列4気筒で、4気筒ならではの滑らかな回転フィーリングと低振動が好評でした。

 2005年には最高出力64馬力を発揮する直列4気筒スーパーチャージャーを搭載し、7速マニュアルモード付CVTが組み合わされた「S」グレードをラインナップ。

 スポーティなモデルを好む層からは高く評価されましたが、当時はハイトワゴンに代表される軽自動車にも広さが求められる時代に移行していため、販売台数は低迷してしまいます。

 R1とR2は、フルモデルチェンジすることなく2010年に販売を終了。同時にスバルは軽乗用車の生産から撤退し、2012年に「サンバー」の生産を終了することで、軽自動車の生産からも完全に撤退しました。

※ ※ ※

 現在、軽自動車は日本で一番売れているクルマですが、冒頭にもあるとおり、デザインが画一化してしまった印象があります。

 しかし、それはユーザーのニーズにメーカーが応えた結果であり、どんなにスタイリッシュな軽自動車をつくったとしても、売れなければ意味がありません。

 軽自動車は登録車とくらべて薄利多売であるため、メーカーがデザインで冒険することができないのは、仕方のないことなのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します