サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、ガスリーとの接触は自らのミスと認める。チームも「ユウキの動きは最善ではなかった」|F1イギリスGP

ここから本文です

 アルファタウリの角田裕毅は、F1イギリスGPを14位で終えた。

 角田は1回目のスタートの際、前方で起きた多重クラッシュに巻き込まれ、フロントウイングを破損。赤旗で中断される中、なんとか自力でピットまで戻り、マシンを修復。再スタートに備えることができた。

【動画】F1イギリスGPスタート直後に起きた、戦慄のクラッシュ

「レースのスタート時の接触を完全に避けることはできず、マシンが横向きに僕の前に出てきたんです。何もできませんでした」

 そう角田はプレスリリースに語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ