サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車メーカーになった男──想像力が全ての夢を叶えてくれる。第15回

ここから本文です
1980年代の大手メーカーには絶対に手の出せない領域だった“チューンドカー”=クルマ好きの眼鏡に叶う性能とデザインをもつユニークな少量生産車。しかもそのクルマは大手メーカーの協力を得て、車体はもちろんパーツに至るまで供給され量産も視野に入れる。つまり巷にあふれた違法改造車とは根本的に違う存在。購入後のアフターサービスも充実させる。これなら絶対に話題になる。富田はそう確信した。

ギャラリー:自動車メーカーになった男──想像力が全ての夢を叶えてくれる。

おすすめのニュース

サイトトップへ