サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【角田裕毅F1第2戦密着】「目をつぶってでも走れる」慣れ親しんだイモラ。トラブルにも動じずデータ収集を終える

ここから本文です

 日本人として、初めてF1のデビュー戦で入賞を果たした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)。バーレーンGP後は自宅があるイギリスへ戻り、3週間後のエミリア・ロマーニャGPに向けて準備を整えていた。

「バーレーンGPの後は(イギリスで)自主隔離していたので、レッドブルのシミュレーターに乗ったり、トレーニング以外は基本的には家でゲームをしていました(笑)」

角田裕毅、問題発生も挽回し7番手「車の感触は良好。予選に向けさらに前進したい」アルファタウリ・ホンダ/F1第2戦金曜

 グランプリ名称である『エミリア・ロマーニャ』は、舞台となるイモラがある州で、アルファタウリのファクトリーがあるファエンツァも同州にある。グランプリ前に角田はファクトリーに寄ったのか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン