サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1、PUセッティングの最適化を進め実りある一日に。予防措置としてPU交換も、問題ないことが判明/テスト2日目

ここから本文です

 2020年F1プレシーズンテスト2日目、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載するレッドブルからはアレクサンダー・アルボン、アルファタウリからはピエール・ガスリーが起用され、この日の走行を担当した。

 2月20日、ドライコンディションの下、10チーム13人のドライバーが走行した。レッドブルのアルボンはRB16を初めてドライブ、134周を走行し、1分17秒912(C2タイヤ)で全体の4番手となった。

【第1回F1バルセロナテスト2日目・タイム結果】ライコネンが最速。ホンダ勢はハード寄りのC2タイヤで4&5番手

 ガスリーはシェイクダウンでAT01の感触はすでにつかんでいたものの、本格的に走行するのはこの日が初めてだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ