サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT第1戦岡山決勝:SCで大混乱となったピットワーク。GT300は前年覇者のリアライズ日産自動車大学校GT-Rが逆転優勝

ここから本文です
 2021年スーパーGTシリーズ開幕戦の決勝が4月11日に岡山国際サーキットにおいて行なわれ、GT300クラスはレース中盤の大混雑したピット作業でトップに躍り出た56号車リアライズ日産自動車大学校GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が4台による争いを逃げ切って、まず1勝を挙げた。

 13時35分に切られたスタートではポールシッターである11号車GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)の安田に、予選2番手の52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)の川合がコーナーで襲いかかるも、ストレートでは安田が差を広げる展開。

おすすめのニュース

サイトトップへ