サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【一般道で輝ける720ps】フェラーリF8トリブート・スパイダーへ英国試乗

ここから本文です

【一般道で輝ける720ps】フェラーリF8トリブート・スパイダーへ英国試乗

フォールディング・ルーフが生む剛性の違い

text:Matt Prior(マット・プライヤー)

【画像】F8トリブートとライバル 全86枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


サーキットでも、テストコースでもない、公に開かれた道。屋根のない720psのスーパーカーが、路肩に止まっている。フェラーリからは、屋根を閉じないように指示を受けた。

もし雨が降ってきても、屋根を開いたままスピードを上げて対処して欲しい、と。もっとも、この快晴では霧雨の心配すらなさそうだ。

ロックダウンの影響で、筆者はすでに3か月ほど床屋へ行っていない。長時間オープンのまま走るのには、少し気が引けてしまう。

今回ステアリングホイールを握るのは、フェラーリF8トリブート・スパイダー。髪がボサボサでも、断る理由は見つからない。

F8トリブート・スパイダーも、クーペと同様、基本的にアルミニウム製のプラットフォームで構成されている。ライバルモデルとなるマクラーレン720Sスパイダーより、剛性では若干劣る様子。

ご存知の通り、720Sスパイダーはカーボンファイバー製のタブ構造を持つ。ちなみに先日、マクラーレン720Sル・マンという限定仕様が発表されている。そちらも楽しみだ。

走行中でも、45km/hまで作動できる電動フォールディング・ルーフを下げると、剛性がわずかに落ちることがわかる。大きな起伏を越えると、小さな振動を感じる。

深刻なレベルではない。でも、しっかり感じ取れる。ルーフを閉じれば、振動も消える。

一般道で輝くF8トリブート・スパイダー

クーペからスパイダーになったことで感じる違いは、その程度。複雑なフォールディング・ルーフのメカニズムを搭載し、スパイダーは70kg車重が増えている。しかし、直接乗り比べてみなければ、走りの変化は気づかないだろう。

搭載されるエンジンは、3.9LのV型8気筒ツインターボ。多くの賞を受賞している名ユニットで、フェラーリはその功績にちなんで、トリブートというモデル名を与えた。

最高出力は720ps、最大トルクは78.3kg-mもある。どんな速度でも、何速に入っていても、路上でのレスポンスは鋭い。

多くのF8トリブートは、スパイダーであれクーペであれ、ほとんどの時間を一般道で過ごすはず。複雑なシステムと秀でた性能を備える、こんなスポーツカーの場合、一般道でドライバーを幸せにしてくれるかどうかが重要だといえる。

ステアリングホイールには、例によってマネッティーノ・スイッチがある。ドライビング・モードはレースだけでなく、電子制御のアシストが消えるオールオフも選べる。

トラクション・コントロールはe-ディファレンシャルやABSと連携し、サイドスリップ量を制御。サーキットでヒーローになれる精密マシンでありながら、派手なタイヤスモークを立ち上げることもいとわない。

ルーフを開いていても閉じていても、50km/hでも110km/hでも関係はない。F8トリブートは一般道で輝いている。

人生をより良く楽しくしてくれる

乗り心地は巧みに制御されている。ボタンを押すだけで、さらに上質に変化させることも可能。ステアリングの操舵感は、クイックだがナーバスではない。

マクラーレンの方が、ステアリングも乗り心地も、フェラーリより良い。しかし筆者の場合、人生をより良く楽しくしてくれる方は、フェラーリだ。

電子制御のデフに、素晴らしいトランスミッション。レスポンスに長け、サウンドも磨き込まれたエンジン。なんて贅沢なスポーツカーなのだろう。

リアタイヤのスピードをコントロールし、コーナリングを楽しむ。アクセル操作で運転を味わう。テクニカルな一般道やサーキットのラップタイムでは、マクラーレン720Sの方が速いかもしれない。でも、誰がタイムの違いを気にするというのだろう。

インテリアも筆者好み。マクラーレンのカーボンファイバー製タブは、素晴らしい剛性を備えている。その反面、小さくないロードノイズに包まれてしまう。

一方でF8トリブートのインテリアは、よりフェラーリとして焦点が絞られながら、リラックスもさせてくれる。乗り降りしやすいし、開放的な雰囲気もある。

やや四角く、複雑にボタンの並んだステアリングホイールは、あまり好きではない。ドライバー手前側へ、充分な位置の調整もできない。しかしフェンダーの峰が、1979mmもあるF8トリブートの全幅の目印になる。4本のタイヤの位置は掴みやすい。

ライバルを凌ぐフェラーリのバランス

マクラーレン720Sやランボルギーニ・ウラカンとは異なり、ノーズリフトのオプションはない。筆者には買えるだけの充分なお金はないから、余計な心配だけれど。

巨万の富を手にした人でも、何台もの現代的なスーパーカーが必要になることはないはず。人生にとって速度は速すぎるし、ボディは幅がありすぎる。基本的にどれも、行える内容に大差はない。

ランボルギーニ・ウラカンには、息を呑むようなエンジン・レスポンスがあり、マクラーレン720Sには、驚異的な走行性能がある。しかし実際に所有して、走らせて、感じられる楽しさや幸せのバランスを俯瞰したとき、筆者はフェラーリF8トリブートを選ぶ。

そして、せっかくだから純粋に走りを求めたくなる。筆者の頭上は、晴れた大空ではなく、常にルーフが覆うことだろう。

フェラーリF8トリブート・スパイダー(英国仕様)のスペック

価格:22万5897ポンド(2981万円)
全長:4611mm
全幅:1979mm
全高:1206mm
最高速度:339km/h
0-100km/h加速:2.9秒
燃費:7.7km/L
CO2排出量:296g/km
乾燥重量:1400kg
パワートレイン:V型8気筒3902ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:720ps/8000rpm
最大トルク:78.3kg-m/3250rpm
ギアボックス:7速デュアルクラッチ・オートマティック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します