サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マクセル、コイン型全固体電池を開発 「バイポーラ構造」採用 車載への適用視野

ここから本文です

 マクセルは、硫化物系固体電解質を採用したコイン形全固体電池を開発したと発表した。集電体を介して正極と負極が存在する「バイポーラ構造」を採用することで、高電圧、高出力を実現した。将来的には車載への適用も視野に入れている。

 同電池は2020年9月に発表した従来型に対して電圧は約2倍の5ボルト、放電出力は約5倍を達成している。

トヨタ、全固体電池はHVで先行 2020年代前半に実用化 THSIIの強み最大限に生かす

 高精度成形技術や高充てん化による低抵抗化、バイポーラ構造により高電圧と高出力を実現した。

 省スペース化も可能で約50%の低減に成功。マイナス60度から125度の温度環境で使用できるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ