サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 燃料だけでも4種類! 泊まりキャンプの必需品「ランタン」選びで夜の「快適性」は激変する

ここから本文です

燃料だけでも4種類! 泊まりキャンプの必需品「ランタン」選びで夜の「快適性」は激変する

キャンプの夜に欠かせない頼りになる灯り

 宿泊を伴うキャンプ。テントやシュラフと同じくらい重要な必需品といえば「ランタン」は外せません。これがなければ夜のキャンプ場は真っ暗で、ほとんど何もできないといっていいでしょう。

「持っててよかった」は突然訪れる! 災害時に役立つアウトドアグッズとは

 そんなランタンにはさまざまな種類があり、何を選べばいいのか悩んでしまいます。まずは燃料別によるタイプ分けを参考にして選ぶといいでしょう。そしてどう使えばいいのかもありますので、お先をちょっと照らして見ましょう。

ランタンの種類は大きく分けて4タイプ

 初心者向けのタイプは、大きく分けると以下のようになります。

【ガソリンランタン】 「ホワイトガソリン」と呼ばれる精製度の高いガソリンを燃料に使用するランタン。揮発性が高く、気温が低い環境でも安定した明るさが得られます。ただし燃料タンク内に圧力をかける「ポンピング」という作業をしなければならないのが、少し手間になります。

【アウトドアガスランタン】 「アウトドアガスカートリッジ(OD缶)」と呼ばれる、ダルマ型のカートリッジを取り付けて使うランタンです。スイッチひとつで点火できるので、初心者でも簡単に扱えます。ただし外気温が低い場合、気化熱の影響でカートリッジが冷え、明るさが低下することがあります。

【カセットガスランタン】 家庭用コンロでおなじみの「カセットガスカートリッジ(CB缶)」を使うのがこのタイプ。OD缶と同じLPガスを封入していますが、内圧が低く外気温の影響をさらに受けやすいです。しかし安価で取り扱いやすいので、夏のキャンプを想定するならこちらでも十分。

【LEDランタン】 ほかのランタンと違って、燃料ではなく電池でLEDを発光させるタイプです。サイト全体を照らすほどの明るさはありませんが、火を使わないのでテント内で使えるし、テーブルに置いて使ってもヤケドはしないのでファミリーを中心に人気があります。

ランタンはどのように配置するの?

 キャンプの規模にもよりますが、3~4人のファミリーキャンプであれば、以下の3カ所にランタンを配置すると過ごしやすなります。

【サイトランタン】 サイト全体を明るく照らすためのランタン。リビングから少し離れたところに配置して周辺を照らすので、大光量モデルがおすすめです。強い光を離れた場所に置くことで、光に集まる虫をリビングから遠ざける役割も果たします。

【テーブルランタン】 卓上に置いて料理や人の顔を照らし出すランタン。必要以上に明るくすることはないので、小型ガスランタンやLEDランタンが使われます。子どもがいる場合は、ヤケドを防ぐためにLEDランタンを選ぶといいでしょう。

【テントランタン】 寝るときの支度をする際にもランタンがあると便利です。しかしテント内は火気厳禁なので、使用するランタンはLEDランタンに限られます。テーブルランタンをLEDランタンにして、兼用するというのもひとつの方法です。また、飾り用のデコレーションライトをテント内に吊しておけば、常夜灯の変わりにもなります。

ランタンは吊して使うと明かりが広がる

 テーブルランタンは卓上、テントランタンはテント内に置いたミニテーブルやテント備え付けのハンガーに吊して使用しますが、サイトランタンはどのようにすればいいのでしょう?

 ランタンは基本的に、高い位置に配置することで照らす範囲を広げることができます。ですから地面に置くのは、あまり効果的ではありません。

 そこで利用したいのが「ランタンスタンド」です。脚付き、もしくは地面に刺して使うポールで、先端のハンガーにランタンを吊して使用します。これがあればサイト全体を明るく照らすことが可能になります。

 サイトの規模や楽しむ人数などを考えて、自分のキャンプスタイルに合ったランタンを探してみましょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します