サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2シルバーストン:レース1は好スタート見せたシュバルツマンが逃げ切り。佐藤万璃音は18位

ここから本文です

 2021年FIA F2第4戦のレース1がシルバーストン・サーキットで行なわれた。素晴らしいスタートを見せたロバート・シュバルツマン(プレマ)が優勝した。

 予選結果のトップ10をリバースグリッドとし、21周のスプリントレースとして行なわれるレース1。ポールポジションには予選10番手のクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)。2番グリッドには同9番手のユーリ・ヴィップス(ハイテック)が並んだ。佐藤万璃音(トライデント)は21番手だ。

■予選トップタイムのハミルトン、当日朝の“念入り”シミュレーター作業が助けに

 抜群のスタートで一気にトップに躍り出たのは、4番手スタートのシュバルツマン。ヴィップス、ルンガーがそれに続いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン