サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 現代の名車は中古でも輝くのか!? プロが選んだ「ベスト20」2020年版の中古車情報最前線

ここから本文です

現代の名車は中古でも輝くのか!? プロが選んだ「ベスト20」2020年版の中古車情報最前線

 2021年1月20日掲載の、「1位はなんとあのオープンカー?? プロが選ぶ現行国産車「最もいいクルマ」ランキング2020年版」。

1位はなんとあのオープンカー?? プロが選ぶ現行国産車「最もいいクルマ」ランキング2020年版

6カ月連続トップ! 売れ筋ヤリスに死角はなしか?

 先般、有名評論家のみなさんによる現行国産車ベスト20車(2020年版)を紹介したわけですが、本稿ではその20車のなかでも「特に中古車でも楽しいクルマ」を、現時点での中古車情報と合わせてご紹介します。

 中古車のタマ数を期待できない登場したばかりのモデルと新車価格が低い軽自動車は今回割愛し14モデルを厳選してお届け!

●プロが選んだ「ベスト20」2020年版
1位 ロードスター
2位 レヴォーグ
3位 GT-R
4位 ホンダe
5位 フィット
6位 ジムニー
7位 ヤリス
7位 RAV4(PHV含む)
9位 ハリアー
10位 MIRAI
11位 GRヤリス
12位 ヤリスクロス
13位 ロッキー/ライズ
13位 MX-30
15位 エクリプスクロスPHEV
15位 スイフトスポーツ
17位 CX-8
18位 CX-5
19位 S660
19位 GRスープラ

※各流通量は「5段階」。多いほど数字が大きくなります

※本稿は2021年1月のものです。紹介するモデルによっては、中古モデルにプレミアが付き、新車価格より高価な場合もあります
文/大音安弘 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月26日号

【画像ギャラリー】ベスト20から厳選した14モデル+3モデルをギャラリーでチェック!!!

中古で買う 有名自動車評論家が選んだBest20モデル(ベストカー1月10日号より) ※同順位のモデルもいくつかあります

■1位 マツダ ロードスター(2015年5月登場)

●評価1位のロードスター。ソフトトップの「S」がオススメ!

 ライトウェイトスポーツとして原点回帰を図った2015年登場の4代目は、軽いボディと使い切れるエンジンの組み合わせが、まさに痛快。

マツダ ロードスター(2015年5月登場)

 2016年登場の「RF」は、2.0Lエンジンが搭載され、また異なる世界を見せてくれる。どちらも魅力的で、買うとなれば悩ましいかぎりだ。

 中古車の流通は圧倒的にソフトトップで、MT比率も高い。一方、RFは約半分がATとなり、ユーザー層の違いを感じさせる。いずれも修復歴車は少ないようだ。

ロードスターはデザインも魅力のひとつ。ソフトトップは座ったままで簡単に開閉できる!

 ソフトトップの初期型なら、MT/ATともに、200万円以下でも狙えるが、中心価格帯は200万円台となる。一方、価格の高いRFは、MTだと250万円から。ただATならば、程度のいいものでも250万円以内のタマも見られる。

 オススメは価格的にもソフトトップ。特にクルマ通には、「S」がオススメ。装備は簡素だが、NDらしい軽快な動きが、最も堪能できる。

自動車評論家からもユーザーからも評価が高いこのモデルなら、中古車でも楽しめる。操る快感を堪能すべし

●新車価格:260万1500~390万600円 → 中古車相場価格:140万~530万円/流通量:4

■3位 日産 GT-R(2007年12月登場)

●あのGT-Rが愛車になる幸せ。500万円台のものも!

 日産の技術を集結し、2007年に送り出されたGT-R。荒削りな部分もあったものの、世界のスーパースポーツと競える国産車として大きな注目を浴びた。

 777万円からという高価ではあったものの(今思えば安い!?)、その内容を鑑みれば、バーゲンプライスであったと言えよう。

日産 GT-R(2007年12月登場)。

 そして、近年の第2世代GT-Rの高騰を受けて、現行型への注目が高まっていることも事実。

 登場より14年目に突入したこともあり、400万円台からも狙えるが、過走行車が多い。初期型で最も多いのは500万円台のタマで、距離が少ないものも見られる。

年々進化し、特に2020年モデルは一段階上がったGT-R。初期型でも“らしさ”は味わえ、距離が少ない500万円台も!

 また、意外にも修復歴車は少ない。ただ消耗品が高価なので、メンテナンス履歴は要確認。仮にタイヤとブレーキ交換だけでも、100万円近い出費となるからだ。

 また改良されるたびに、クルマとして洗練されるので、予算が許すなら、新しめのモデルも、検討すべきだろう。

室内含めて程度のいいお買い得車も、探せばある。逆にプレミア付きの中古車には2700万円というモデルもある! これぞGT-Rの「格」だ

●新車価格:1082万8400~2420万円 → 中古車相場価格:420万~2700万円/流通量:2

■5位 ホンダ フィット(2020年2月登場)

●昨年登場で120万円から! デモカーアップが狙い目

 昨年新型が誕生、4タイプのスタイルがあるなど新境地を開拓。ハイブリッドが2モーター化され、より高性能になった点も見過ごせない。

 ハイブリッド車が全体の6割を占め、いずれも流通の中心はメイングレードの「ホーム」。

 全体的に登録済み未使用車とデモカーアップが多い。価格重視なら、ガソリンの「ベース」の未使用車だが、デモカーの多いハイブリッドはナビなど装備も充実しており、デモカーアップのほうが狙い目だ。

ホンダ フィット(2020年2月登場)※こちらはクロスター

●新車価格:155万7600~253万6600円 → 中古車相場価格:120万~270万円/流通量:4

■5位 トヨタ ヤリス(2020年2月登場)

●走りに磨きがかかる1.5L車が、絶対的にオススメ

 世界名称に統一され、昨年2月登場のヤリス。TNGAの進化で主力エンジンが1.5Lとなり、ガソリン車の走りにも磨きがかかる。

 ただ流通の中心は圧倒的に1.0L車。そして1.5L車、ハイブリッドと続く。登録済み未使用車も見つけやすく、価格的にはガソリン車のほうがお得。

 お手頃価格の1.0L車に惹かれるが、走り重視なら1.5Lにすべき。ハイブリッドは新車との価格差が少ないのでナビ付きを狙うべし。

トヨタ RAV4(2019年4月登場)

●新車価格:139万5000~249万3000円 → 中古車相場価格:110万~250万円/流通量:3

■5位 トヨタ RAV4(2019年4月登場)

●新車展示在庫が300万円+αで狙える。これはイケる!

 本格SUVへと進化したRAV4は、タフなスタイルと高い悪路走破性が持ち味だ。昨年の改良では、ディスプレイオーディオなどの装備追加で価格が上昇。改良前の登録済み未使用車があれば、お得なケースもある。

 また人気グレード「アドベンチャー」が、未使用車や新車展示在庫なら、300万円+αで狙えるのも魅力的。

 手頃なFFガソリン車のXも見つけられるが、将来的なリセールを考慮すれば、4WDのほうがベターだろう。

トヨタ RAV4(2019年4月登場)

●新車価格:274万3000~539万円 → 中古車相場価格:230万~440万円/流通量:4

■9位 トヨタ ハリアー(2020年6月登場)

●ガソリンFF車なら、未登録車の在庫も豊富。狙い目だ

 元祖、街乗り上級SUVのハリアー。その世界観は、まさに現代のハイソカーだ。流通台数は多いが、ほぼガソリンのFF車。こちらはグレードも自由に選べる。

 また登録済み未使用車だけでなく、未登録車の在庫も豊富。その一方、ハイブリッド車と4WD車は激レアで、現状だと新車がベター。

 また人気車だけに、強気の価格のものも見られるので、オプション内容の確認に加え、新車購入の総額ともしっかり比較し、お得なほうを選びたい。

トヨタ ハリアー(2020年6月登場)

●新車価格:299万~504万円 → 中古車相場価格:250万~570万円/流通量:3

■11位 トヨタ GRヤリス(2020年9月登場)

●導入記念限定車のため価格高騰! 中古は先のお楽しみダネ

 モリゾウのこだわりが生んだホットハッチ「GRヤリス」は、ヤリスとは別物と捉えるべきマニア向きの一台。

 まだ発売間もないだけに中古車は極わずか。ほとんどが導入記念限定車最上位「RZハイパフォーマンス1stエディション」の登録済未使用車や小走行車となる。そのため割高なプレミア価格に!

 カタログモデルとの性能面の差はないので、新車のほうがオススメ、と判明。ほかの仕様も選べ、現在の納期目安も2カ月程度だ。

トヨタ GRヤリス(2020年9月登場)

●新車価格:265万~456万円 → 中古車相場価格:440万~580万円/流通量:1

■12位 トヨタ ヤリスクロス(2020年8月登場)

●お得感は薄いが、好みの仕様が見つかれば買うべし

 お手頃価格も話題の小型SUV。ヤリスベースだが、後席と荷室の使い勝手が飛躍的に向上。先進の運転支援機能も充実している。人気車だが、意外と登録済み未使用車は多い。

 ガソリンのFF車なら、好きなグレードが選べるほど。しかし、ハイブリッド車は流通全体の3割と少ない。

 また4WDは、いずれの仕様も希少。しかし、新車納期が長いため、好みの仕様が見つかれば購入の検討の価値あり。ただし、お得感は薄い。

トヨタ ヤリスクロス(2020年8月登場)

●新車価格:179万8000~281万5000円 → 中古車相場価格:160万~320万円/流通量:2

■13位 ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ(2019年11月登場)

●登録済み未使用車「ライズX S」は130万円台から!

 ダイハツ生まれの手頃なサイズと価格のSUV。ロッキーとライズの違いは、基本的にはデザインのみだが、昨年の新車販売はロッキーの4倍もライズが売れ、年間2位に。

 しかし流通台数は、いずれも潤沢。4WDは全体の2割以下と少ない。人気車ながら、お得な登録済み未使用車もあり、例えば、「ライズX S」は130万円台から!

 また中古車ならどちらも最上級グレードが、200万円以内で狙えるのも魅力的だ。

ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ(2019年11月登場)

●新車価格(ライズ):167万9000~228万2200円 → 中古車相場価格:130万~260万円/流通量:5

■15位 スズキ スイフトスポーツ(2017年9月登場)

●昨年改良されたが走行性能面は同じ。ならば中古は買い!

 新車でもコスパがいいスポーツカー。ターボ化で高性能となった現行型は、紛れもないホットハッチだ。

 流通数も多く、MT車も潤沢。2020年改良の新車との違いは、主に運転支援機能の進化。走行性能の差はなく、従来型の運転支援機能の内容や非装着車でもよければ、中古車がお得。

 また、すでにマイチェン後の登録未使用車もチラホラ。ただ激安車は修復歴アリなので、特に注意を。AT車が少し割安の傾向のようだ。

スズキ スイフトスポーツ(2017年9月登場)

●新車価格:187万4400~214万1700円 → 中古車相場価格:100万~220万円/流通量:4

■15位 マツダ CX-8(2017年12月登場)

●300万円で狙えるタマもあり。ディーゼルの流通が9割

 マツダのフラッグシップSUVにして、唯一の3列シート車であるCX-8。CX-5よりも大人テイスト。登場より3年を迎え、300万円で狙えるクルマも出てきた。流通は、FFが6割強。ディーゼルが9割を占める。

 旅好き及びアウトドア派には、パワー及び燃費面からディーゼルを推す。CX-8の世界観を満喫するなら、贅沢なリアセンターコンソール付き本革キャプテンシート仕様となる、Lパッケージがおススメだ。

マツダ CX-8

●新車価格:294万8000~467万600円 → 中古車相場価格:180万~450万円/流通量:4

■17位 マツダ CX-5(2017年2月登場)

●7割が堅牢なディーゼル車。2018年追加の2.5Tもいい

 クリーンディーゼルを武器に新生マツダの牽引役となったCX-5。その第2世代は、都会的に洗練された都市型SUVスタイルに。

 最新の魂動デザインモデルは改良時のビジュアル的な変化も少ないので、価格のこなれた初期型も狙い目。全体の7割が、堅牢なディーゼル車なのも選びやすいところ。

 もしスポーティさを求めるなら、2018年追加の2.5Tがオススメで250万円くらいから。またXD100周年記念車もチラホラ。

マツダ CX-5(2017年2月登場)

●新車価格:261万8000~365万7500円 → 中古車相場価格:140万~390万円/流通量:5

■19位 ホンダS660(2015年4月登場)

●性能面の改良は5年間特になし。こりゃ中古が狙い目だ

 2015年登場の軽ミドシップスポーツ。日常域でも走る楽しさを満喫でき、オープンエアも楽しめるのが魅力。

 モデューロXは別格だが、標準車の性能面の改良は特にないので、価格重視で選ぶのもあり。MTとCVTの比率は、半々といったところ。価格帯は170万円前後が多めだ。

 CVTが安いということもないので、操る楽しさとリセールを重視しMTを選びたい。無事故車が豊富なので、修復歴車は避けたほうがベターだ。

ホンダS660(2015年4月登場)

●新車価格:203万7100~304万2600円 → 中古車相場価格:90万~390万円/流通量:4

■19位 トヨタ GRスープラ(2019年5月登場)

●状態のいいRZで100万円近く安いタマも。光明だ!

 トヨタとBMWのコラボで復活したスープラ。グレードは2.0L、直4ターボ車のSZとSZ-R、そして3.0L、直6ターボのRZを設定。中古車の8割がRZだ。

 全体的に中古はお買い得。状態のいいRZでも100万円近く安いものもある。現在流通しているものは、基本的には’209年モデルなので、年式は気にしなくていい。

 2020年仕様のRZは性能向上したが、中古車の値段のほうが魅力的だ。

トヨタ GRスープラ(2019年5月登場)

●新車価格:499万5000~731万3000円 → 中古車相場価格:430万~740万円/流通量:2

【番外コラム】ベスト20車ではないけど「これは買い!」のおすすめ国産中古モデルたち

 新型コロナウイルス感染症の影響で、中古車ニーズが高まり、その価格も割高傾向にある。そのなかで、個人的に内容を考えるとお得と思える「現行日本車」を紹介したい。

 人気のSUVからは、スズキSX4 Sクロスを挙げる。正直、地味な存在だが、主戦場が欧州ということもあり、その走りは欧州車的だ。2019年登場の3型なら、衝突被害軽減ブレーキやACCも備わるのでオススメ。

スズキSX4 Sクロス…中古車相場価格:100万~240万円

 また価格重視で、先進機能が不必要ならば、非装着の2型という選択もある。人と同じSUVが嫌だという人にもプッシュしたい。

 お次は、セダンのホンダレジェンド。アメリカンな雰囲気は、好き嫌いが分かれるが、ホンダのフラッグシップセダンだけあって内容も豪華。特にSH-AWDによるコーナリングの切れ味のよさは癖になる。

ホンダレジェンド…中古車相場価格:140万~600万円

 その高級車が前期型ならば、新車の7割引きとなる250万円前後から狙え、10万km越えの過走行車なら200万円以下のタマも見つかる。さらに、フェイスリフト後の後期型も400万円台からというのは衝撃的だ。

 最後は実用車として、三菱ミラージュを挙げたい。モデルチェンジ後と中身が同じグリル付きの中期型が、50万円台から見つかる。

三菱ミラージュ(1.2Lモデル)…中古車相場価格:50万~130万円

 初期型のグリルレスの1.0Lはさらに激安だが、それとは別物と考えたほうがいい。特筆すべき点はないが、意外と真面目な作りのクルマだ。

(TEXT/大音安弘)

【画像ギャラリー】ベスト20から厳選した14モデル+3モデルをギャラリーでチェック!!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します