サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最近クルマの3ナンバー化が顕著だが本当は5ナンバーがいい? 日本のユーザーの「本音」を販売台数から読む

ここから本文です
 3ナンバーとなった新型カローラは市場に受け入れられている

 トヨタ・カローラまで全幅が1.7mを超えるボディとなった。これに対して異論反論があるようだが、結果として新型カローラは売れに売れている。実際、2019年10月の販売台数は1万1190台(自販連調べ)で、登録車として唯一の5桁セールスとなり、久しぶりのトップとなっているほどだ。もちろん新車効果と、周囲の消費税増税による冷え込みといった状況も無視できないが、カローラは市場に受け入れられている。