サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「軽自動車ベースで300馬力とか異次元すぎ!」破壊的な突破力を持つ女性オーナーのKeiワークス!

ここから本文です

プロドライバーが絶句するほどの超ジャジャ馬仕様!

K6Aエンジンの極限に挑み続けるピットロードMの意欲作

「13Bロータリーターボを搭載したカプチーノの衝撃」完全公認の超絶モンスタースペック!

GT-Rテイストを注入したド迫力のエクステリアに、フルチューンのK6Aを搭載したピットロードMのKeiワークス。細部まで隙のない仕上がりを見せているが、実はこの車両、デモカーなどではなくオンリーワンを目指して、数え切れないほどのリメイクを重ねてきたユーザーカーなのだ。

心臓部のK6Aは、腰下にJUNのカスタムキットを投入して830ccまで排気量を拡大。ヘッドにもくまなく手を入れた上で、タービンにはTF035HLをセット。

おすすめのニュース

サイトトップへ