サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VW、1.2リッターTSIエンジン搭載の「クロスポロ」を追加して発売

ここから本文です

VW、1.2リッターTSIエンジン搭載の「クロスポロ」を追加して発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、新型ポロの追加モデルとして、SUVテイストの新型「クロスポロ」を11月6日に発売した。

今回のモデルチェンジで3代目となるクロスポロは、フロントとリアに専用バンパーが装着されるほか、サイドスカートやシルバーに塗装されたドアミラー、ホイールハウスとボディ側面のエクステンショントリムなど、SUVを彷彿とさせるアイテムを標準装備する。

またボディカラーは、歴代のクロスポロのテーマカラーであるオレンジを落ち着いたトーンに変更したハニーオレンジメタリックや、チタニウムベージュメタリックといった新色2色を含む5色をラインナップした。またインテリアカラーは、ボディカラーにあわせてコーディネートした3色を設定してる。

安全装備ではベース車のポロ同様に多数の機能を搭載。また、LEDポジションランプ付きバイキセノンヘッドライト、クルーズコントロールシステム、純正ナビなど、豊富なセットオプションを用意している。

エンジンはポロTSIコンフォートラインと同じ、1.2リッターTSIエンジンで、ミッションは7速DSGトランスミッションを搭載。クロスポロでは初めてアイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムで構成される“ブルーモーションテクノロジー”を採用し、燃費は前モデルから約16%向上し21.9km/L(JC08モード)となっている。

価格は275万円(税込)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します