サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボ、EV生産に巨大鋳造機械導入 「テスラ流」戦略で電動化に弾み コスト面でメリットも

ここから本文です

スウェーデンの工場改修 電動化に備え

ボルボは、EVへの完全移行に備え、8億ポンド(約1250億円)以上を投じてスウェーデンの工場を改修すると発表した。バッテリー組立工場やアルミニウム部品を製造する新技術を導入する予定だ。

【画像】電動化へ全力投球のボルボ【すべての写真を見る】 全61枚

2030年までに全車種EV化を目指すボルボは、今後数年間でスウェーデン・トースランダにある同社最大規模の工場をアップグレードし、その一環として、「メガキャスティング」と呼ばれるアルミ部品の製造プロセスを導入する。同社によると、持続可能性、コスト、車両性能の面で「多くのメリットを生み出す」という。

おすすめのニュース

サイトトップへ