サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「タイヤ公園」のタイヤはどこからくる? 全国にあるタイヤ遊具の謎に迫る!

ここから本文です

■タイヤだらけの公園も? その供給元は?

 学校の校庭や公園などで、タイヤが半分埋まっているものやブランコにタイヤが使用されるなど、遊具として活用されていることがあります。

これが「プリウス」なの!? 「フェラーリ」そっくりなプリウスが登場!

 地域によっては「タイヤ公園」といった愛称で呼ばれるほど、大量のタイヤが埋まっている公園も存在しますが、これらのタイヤはどこからやってくるのでしょうか。

 タイヤは、ゴムのほかにワイヤーなどの金属も使用されており、寿命を迎え処分されるときは粗大ゴミではなく「産業廃棄物」として扱われることとなります。

おすすめのニュース

サイトトップへ