サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「実は2ドアクーペにも存在したR31スカイラインRB20E搭載モデル」GTS-Xというグレード名に惑わされるな!【ManiaxCars】

ここから本文です

「実は2ドアクーペにも存在したR31スカイラインRB20E搭載モデル」GTS-Xというグレード名に惑わされるな!【ManiaxCars】

低回転域で扱いやすく上も伸びる! 予想を超えたスポーティなフィーリング

もしかしてRB20DEより楽しいかも…!?

「スタンス仕様でもサーキット全開! 欲張りチューンのWRX STIを捕獲」ワンオフのブリスターフェンダーでイメージ激変!

7代目のR31型、通称“セブンス”スカイラインの登場は1985年8月。当初は4ドアセダン/ハードトップ、ワゴンでの展開だったけど、翌86年5月に2ドアクーペがラインアップされた。

搭載エンジンは2.0L直6のRB20シリーズで、ツインカムターボDET(180ps/23.0kgm)、ツインカムDE(グロス165ps/19.0kgm)、シングルカムE(グロス130ps/18.5kgm)の3種類が用意され、それぞれに5速MTと4速ATが設定された。

ややこしいのはグレード名で、まず搭載するエンジンに関わらず上級GTS-Xと装備を簡略化したGTS(RB20E搭載車は除く)が存在。その上で、RB20DET搭載モデルは“ツインカム24Vターボ”、DE搭載モデルは“ツインカム24V”という名称が、GTS-XもしくはGTSのあとに付くのだ。

つまり、RB20Eを載せる廉価グレードはツインカムターボでもツインカムでもないから、ただのGTS-Xってことになる。

HR31と言えば、まずグループAホモロゲモデルGTS-R、続いてGTS-X/GTSツインカム24Vターボで、正直NAモデルは影が薄い。それがツインカム24Vでもない、ただのGTS-Xならなおさらだ。

同じRB20Eを積む4ドアモデルのGTならまだ探しやすかっただろうけど、変態グルマのためなら自らハードルを上げることもいとわないManiaxCarsだ。「どうせ取材するなら2ドアクーペのGTS-Xだ!」と息巻いてR31ハウス柴田てんちょに連絡したら、「ウチにひとりお客さんいるよ~」とのこと。

同じ2.0Lの6発シングルカムでも、先に出てたトヨタ1G-EU型が吸排気ターンフローなのに対して、RB20E型はクロスフローを採用。L型で言えばLYヘッドが始めから載ってるようなもんで、そう思うとありがたみも増すはずだ。

取材車両はR31ハウスオリジナル等長エキマニ、“たこあしMAX”を装着。エアクリーナーもムキ出しタイプに交換された吸排気チューン仕様となる。

ボディと同じく直線基調でデザインされ、好き嫌いがハッキリわかれそうな80年代感満点のインパネ周り。ステアリングはパーソナル製に交換される。メーターは中央にスピードメーターとタコメーターが並び、右に油圧計と、デフィーリンクディスプレイの陰に隠れてしまってるけど水温計を配置。左は電圧計と燃料計だ。

GTS-Xには純正でもデュアルテールマフラーが備わるけどアフター品に交換。たこあしMAXと合わせて排気効率を高め、中高回転域でのパワーとスムーズな吹け上がりを実現する。さらに、実用エンジンとは思えないスポーティなサウンドを聴かせてくれるのも大きな魅力だ。

基本、実用トルク型のシングルカムらしく、2000rpmシフトとか、かなりダラけた走りにもしっかり応えてくれる。それでいて3500rpmからはエキマニ&マフラー交換の効果がバッチリ感じられ、しだいにトーンを高めていくエキゾーストサウンドに合わせてパワーも盛り上がってくる。

さらに、レスポンスに鋭さが増すのは4000rpmからで、決して軽いとは言えないけど、非常にスムーズにエンジンが吹け上がっていく。そのままタコメーターの針はイエローゾーンが始まる6000rpmを易々と突破して、6600rpmからのレッドゾーンに飛び込んでいった。そのスポーティな感覚は予想を大きく上回るものだ。

持ち味の低中速トルクはそのまま、高回転域での伸びとパワーが向上。坂祝の山道を走りながら思ったのは、「これならノーマルのRB20DEより速くて楽しいんじゃない?」ということだ。

■SPECIFICATIONS

車両型式:KHR31

全長×全幅×全高:4660×1690×1365mm

ホイールベース:2615mm

トレッド(F/R):1425/1415mm

車両重量:1270kg

エンジン型式:RB20E

エンジン形式:直6SOHC

ボア×ストローク:φ78.0×69.7mm

排気量:1998cc 圧縮比:9.5:1

最高出力:130ps/5600rpm

最大トルク:18.5kgm/4000rpm

トランスミッション:5速MT

サスペンション形式(F/R):ストラット/セミトレーリングアーム

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ドラム

タイヤサイズ:FR195/60R15

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

●取材協力:R31ハウス TEL:0574-28-0899

●絶賛発売中! 最新号『ManiaxCars Vol.07』 価格:1650円(税込)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します