サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 必ずセルフ式GSで触る「静電気除去パッド」 じつは1社だけが製造していた 会社名入れない訳は

ここから本文です

■セルフ式ガソリンスタンドの比率は34.8%にのぼる

 セルフ式ガソリンスタンドは、日本では1998年に認可されて以降普及し、いまではおよそ3軒に1軒がセルフ式といわれています。そんななか、セルフ式ガソリンスタンドでは欠かせない静電気除去パッドは株式会社タツノ(以下、タツノ)1社だけが製造しているというのですが、いったいどんな理由があるのでしょうか。

【写真】衝撃! 2万kmオイル交換せず破損したエンジン内部(16枚)

 静電気除去パッドは、セルフ式ガソリンスタンドの給油機のノズルのそばに貼り付けられているもので、ユーザーには給油口を開ける前に触れるよう案内されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ