サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 突如登場したシビック・タイプRはドコが新しい? ホンダブースで開発者を直撃【東京オートサロン2020】

ここから本文です

 タイプRはFF最速の座を取り戻すべく開発中

 ホンダブースに展示されたクルマのなかで、もっとも目立つ場所に置かれたのがシビック・タイプRだ。だが注目されつつもよほど好きな人が見ないと、なぜ突然オートサロンに展示されたのか、わからないような内容だった。このシビック・タイプRはマイナーモデルチェンジの参考出展。夏に発売とアナウンスされたモデルのコンセプトともいえる。詳細スペックなどは何も掲示されず、少し変更されたエクステリアが確認できる程度だ。

発売前に徹底比較! 注目のコンパクトカー「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」の選び方とは

 そこでシビックシリーズの開発責任者である松井さんに、果たしてどんなクルマであるのかを直撃した。

おすすめのニュース

サイトトップへ