サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 突如登場したシビック・タイプRはドコが新しい? ホンダブースで開発者を直撃【東京オートサロン2020】

ここから本文です

突如登場したシビック・タイプRはドコが新しい? ホンダブースで開発者を直撃【東京オートサロン2020】

 タイプRはFF最速の座を取り戻すべく開発中

 ホンダブースに展示されたクルマのなかで、もっとも目立つ場所に置かれたのがシビック・タイプRだ。だが注目されつつもよほど好きな人が見ないと、なぜ突然オートサロンに展示されたのか、わからないような内容だった。このシビック・タイプRはマイナーモデルチェンジの参考出展。夏に発売とアナウンスされたモデルのコンセプトともいえる。詳細スペックなどは何も掲示されず、少し変更されたエクステリアが確認できる程度だ。

発売前に徹底比較! 注目のコンパクトカー「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」の選び方とは

 そこでシビックシリーズの開発責任者である松井さんに、果たしてどんなクルマであるのかを直撃した。

──ブレーキが変わったということですが。

「ローター径は変わらないですが、ドリルドからソリッドにし、1ピースを2ピースに変更しました。ドリルドよりもパッドと接する面が多くなることで減速性能が上がっています」

──ドリルドのメリットは放熱性やダストにあると思いますが、そのあたりはどうですか。

「ソリッド化しても2ピースに変更したことで耐熱性は確保しています。そしてダストよりも止めることが優先という考えです。ニュルなどでタイムを上げるためには、ギリギリまでブレーキを我慢できるか、シッカリ止まるか、それだけでコンマ何秒か変わってくるので、それを優先した形です」

──足まわりに変更はありますか。

「少しずつ見直しは行っていますので、徐々に皆さんにお知らせしていくつもりです」

──現行のタイプRはコンフォート性がシッカリと確保されていることが印象的でした。タイムアップを狙ってそのあたりはどうなるのでしょうか。

「コンフォート性は犠牲にしてはいけない部分だと思っていますので安心してください。それでいて、コーナーの入り方、出方を追求し、より速く曲がって抜けられるクルマを目指しています」

──エンジンに変更点はありますか。

「エンジンはまったく変わっていません。ただしフロントの開口面積を大きくし、冷却性能をアップしました。それによって高負荷な状態を長く維持できるようになっています」

──ニュルでFFのライバルともいえるルノー・メガーヌR.S.トロフィーRが、7分40秒100という記録を出しました。新型タイプRのタイムが気になりますがいかがでしょうか。

「ニュルで走っていますが、まだ企画段階なので何秒というタイムアタックは行っていません。全体のポテンシャルを確認する段階です。開発目標をクリアできているか、長い距離を目指した性能で走れるか、などをチェックしています」

──最終的にはライバルを凌ぐタイムを出しに行くのでしょうか。

「(会場で流れている)映像で柿沼(シビックタイプRの開発責任者)が『FF最速であることは基本』と言っているとおりです。あとはご想像ください」

──エアロダイナミクスに関してのアップデートはありますか。

「それも徐々にアナウンスしていきます」

 発売は夏という新型シビック・タイプR。松井さんによれば、まだ登場まで半年あるので詰めていく、期待してほしい、とのことだった。果たしてニュルではどんなタイムを出すのか、夏が待ち遠しい。

 そんなシビック・タイプRが話題を呼んだホンダブースだが、ほかにも注目車種は多数ある。その1台がN-ONE CAFE RACER CONCEPTだ。

 一見軽自動車のN-ONEをレーシーにしたてただけのように思えるが、話を聞くと新型N-ONEのコンセプトモデルなのだという。現行を踏襲したデザインにカスタマイズが施されているが、エクステリアはこれが新型だと思ってほぼ間違いないとのこと。ヘッドライト周囲のLEDリングなども実現される模様だ。インテリアを覗くと、MTのシフトレバーが見られた。現行は全モデルCVTであり、待望のMTがラインアップされることも間違いないだろう。関係者によれば基本的なトランスミッション自体はN-VANで採用されたものと同じだという。

 続いてホンダのカスタマイズといえばモデューロ。とくにコンプリートカーのモデューロXがラインアップを拡大している。オートサロンでは最新のヴェゼル・モデューロXの横に、まだベース自体が発売されていないフィット・モデューロX・コンセプトと、マイナーチェンジを実施したフリードをベースにした、フリード・モデューロX・コンセプト 2020が展示されていた。WEB CARTOPでもお馴染みのドリキンこと土屋圭市さんが開発アドバイザーを務めるモデューロだけに、一切妥協のない一歩上ゆく上質な走りを見せてくれそうだ。

 そのほか、レッドブル&トロロッソのF1マシン、NSXの乗り込み体験、マイナーチェンジを行ったシビック・ハッチバック&セダン、同じくマイナーチェンジで追加された新色のS660なども並ぶ。

 そんななか、ブース奥にあえて照明を落としたゾーンがあり、覗いてみるとクールなCR-Vが置かれていた。CR-V BLACK EDITION Custom Concept with THE CHECK SHOPと名付けられたコチラは、ヨコハマのチューニングショップ、THE CHECK SHOPと手を組んだ1台だという。CR-Vのオフロードテイストを強調するカスタマイズとして興味深い。

 また、無限エリアにはS660とフィットが並ぶ。S660は2020年夏に発売予定のパーツを装着したコンセプトカーである。一方フィットは壁を突き抜ける形の面白い展示。左半分がSkip、右半分がDashと名付けられた異なるカスタマイズの提案だという。

 盛りだくさんのホンダブースにはクルマの楽しさ、走る楽しさが溢れていた。まもなくフィットが登場する2020年のホンダは、これまで以上にクルマ好きを刺激してくれそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します