サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「シフト」や「ブレーキ」に比べて甘く見られがちな「アクセルワーク」! じつは「奥が深い」難題だった

ここから本文です

アクセル全開で走れるのは10%ぐらいしかない

 ドライビングという仕事は、けっきょくのところハンドルさばきと、アクセルとブレーキワークで決まる。ハンドル操作もアクセルもブレーキも奥が深くて難しい。ところが、止まるということと曲がるということには人一倍関心がある人でも、アクセルワークに関しては、わりと簡単に考えている人が多い気がする。

すべてが「ゆっくり」なのに「速く」走れる! じつは超シンプルな「本当に上手い運転」とは

 しかし、本当にタイムアップにつながるのはアクセルワークで、サーキットで好タイムを出すためには、アクセルの全開率を上げるしかない。

おすすめのニュース

サイトトップへ