サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 残溝1.6mmはかなり危険! タイヤメーカーももっと早い交換を推奨するのにスリップサインが「1.6mm」に設定されている謎

ここから本文です
 新品タイヤの約2割に当たる1.6mmを基準とした

 タイヤには使用限度を示すスリップサインがトレッド全周の4~9カ所に用意されている。タイヤが摩耗して、このスリップサインとトレッド面が同じ高さになると、タイヤの残り溝は1.6mmになったことを表し、4本のタイヤのうち1本でも、そして1カ所でもスリップサインが出ていると、保安基準違反になり、車検も通らなくなる(道路運送車両の保安基準 第9条)。

おすすめのニュース

サイトトップへ