現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロータリーEgを使ったマツダ新型「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」日本初お披露目! 「RE特集のマツダブース」を見る

ここから本文です

ロータリーEgを使ったマツダ新型「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」日本初お披露目! 「RE特集のマツダブース」を見る

掲載 27
ロータリーEgを使ったマツダ新型「MX-30 e-SKYACTIV R-EV」日本初お披露目! 「RE特集のマツダブース」を見る

ロータリーエンジンの可能性は無限大!

先ごろジュネーブショーでMX-30 e-SKYACTIV R-EVをワールドプレミアしたマツダは、幕張メッセで開催されたAUTOMOBILE COUNCILにおいて同車を国内初披露しました。今回展示されたモデルはMazda MX-30 e-SKYACTIV R-EVのヨーロッパ仕様ですが、近いうちに国内導入も期待されています。

フェラーリとポルシェのスペシャルモデルの競演! 「オートモビルカウンシル2023」が開催される!

REファンの心に響く展示内容

今回のAUTOMOBILE COUNCILに臨んだマツダのテーマは『ロータリーエンジンの可能性の追求と新しい価値への挑戦』。ロータリーエンジン(RE)を発電機として使用するプラグインハイブリッドモデル「MX-30 e-SKYACTIV R-EV(欧州仕様車)」を展示しました。

ほかにも、REを初めて搭載した量販モデル「コスモスポーツ」の後継として1975年に登場した「コスモAP」と、水素を燃料とする水素REを搭載した開発車両「RX-8  Hydrogen RE」も展示。REの“育ての親”でもあるMAZDAに相応しく、新たな時代、新たなエネルギーを探っていくためにREを開発してきた、その道程を示す資料も展示されたのです。

2012年にRX-8の生産が終了し、以来REを搭載した生産モデルは登場することがありませんでした。ですが、根強いファンの期待に応えるように、水素を燃料とした水素REや、コンパクトなREを使ったレンジエクステンダー・システムなど、REの研究を続けています。

2013年にはデミオEVにREを使用したレンジエクステンダー・システムを搭載したモデルが開発されたことも大きなニュースとなりました。そして今年のジュネーブショーにおいて、バッテリーEVのMX-30にハイブリッドシステムを組みこんだMX-30 e-SKYACTIV R-EVを発表したのです。

多くのファンが待ち望んでいる「REをパワーユニットとするクルマ」ではありませんが、REを発電用のエンジンとして使用するシリーズ式プラグインハイブリッドとするもので、コンパクトなREの特性が活かされています。

そんなMX-30 e-SKYACTIV R-EVのフロント両サイドフェンダーには、REを搭載していることを象徴するような、正三角形を逆さにしたローター型(別名おむすび型)をあしらったバッジが取り付けられていたのは、REファンの心に響く演出となるかもしれません。

そんなMX-30 e-SKYACTIV R-EVやコスモAP、RX-8  Hydrogen REに加えてもう1台、見逃せないモデルがありました。それは1981年の東京モーターショーで参考出品されていたマツダMX-81。1980年に登場した5代目、初めて前輪駆動を採用したBD型ファミリアの1500ターボをベースに、ベルトーネが手掛けたコンセプトモデルです。こちらについてはまた別の機会に詳しく紹介しようと思います。お楽しみに。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

「あのクルマ値札つけて走ってる!」が意思表示!? 車が売れる国の“習慣” ディーラーもダイナミックすぎる! オーナーは元力士
「あのクルマ値札つけて走ってる!」が意思表示!? 車が売れる国の“習慣” ディーラーもダイナミックすぎる! オーナーは元力士
乗りものニュース
サーキット走行も可能なエレガントモデル!BMW新型「M4クーペ」「M4カブリオレ」日本上陸 3リッター直6エンジンは20馬力アップの530馬力
サーキット走行も可能なエレガントモデル!BMW新型「M4クーペ」「M4カブリオレ」日本上陸 3リッター直6エンジンは20馬力アップの530馬力
VAGUE
大型トラックが通行するからだけじゃない! いま日本の道路が「荒れて」いる目から鱗な要因
大型トラックが通行するからだけじゃない! いま日本の道路が「荒れて」いる目から鱗な要因
WEB CARTOP
消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
@DIME
eモータースポーツ世界大会へ、8月10日に日本代表選考レースを開催 エントリー募集中
eモータースポーツ世界大会へ、8月10日に日本代表選考レースを開催 エントリー募集中
レスポンス
上質なドライビング体験をもたらしてくれるMINIのフレンドリーなEV「COOPER SE」の魅力
上質なドライビング体験をもたらしてくれるMINIのフレンドリーなEV「COOPER SE」の魅力
@DIME
「イリュージョンみたいなガソリンスタンド」メリットは? 懐かしさにネットで話題に…でもなぜ減った?
「イリュージョンみたいなガソリンスタンド」メリットは? 懐かしさにネットで話題に…でもなぜ減った?
乗りものニュース
「洗車のタイミング」いつがベスト? 「年に1回」「汚れたら洗う」はNG!? 早めのお手入れが必要な理由とは
「洗車のタイミング」いつがベスト? 「年に1回」「汚れたら洗う」はNG!? 早めのお手入れが必要な理由とは
くるまのニュース
ザウバー、メルセデスからシニアエンジニアを獲得。アウディF1としての船出を前にマネジメントチームを強化
ザウバー、メルセデスからシニアエンジニアを獲得。アウディF1としての船出を前にマネジメントチームを強化
motorsport.com 日本版
車載グッズランキング、スマホ充電機器が全世代でトップ
車載グッズランキング、スマホ充電機器が全世代でトップ
レスポンス
【MotoGP】9月に延期されていたMotoGPカザフスタンGP、中止が正式発表。代替としてミサノ・サーキット連戦が決定
【MotoGP】9月に延期されていたMotoGPカザフスタンGP、中止が正式発表。代替としてミサノ・サーキット連戦が決定
motorsport.com 日本版
「世界で最も危険な道路」が崩落してしまった… 経済への影響「計り知れない」 地震でさらに危険さを増す 台湾
「世界で最も危険な道路」が崩落してしまった… 経済への影響「計り知れない」 地震でさらに危険さを増す 台湾
乗りものニュース
“日本一売れてるクルマ”ホンダが2年ぶり首位陥落!? スズキ「軽ワゴン」なぜ“単月トップ”に躍進? 王者N-BOXがピンチに陥ったワケ
“日本一売れてるクルマ”ホンダが2年ぶり首位陥落!? スズキ「軽ワゴン」なぜ“単月トップ”に躍進? 王者N-BOXがピンチに陥ったワケ
くるまのニュース
「スパ・フランコルシャン」名物「ラソース栗まんじゅう」なんていかが? ヨーロッパ3大24時間レースのトリはメディアセンターもアットホーム【みどり独乙通信】
「スパ・フランコルシャン」名物「ラソース栗まんじゅう」なんていかが? ヨーロッパ3大24時間レースのトリはメディアセンターもアットホーム【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
唯一無二の秀逸装備だと思ったのに! シレっとモデルチェンジで葬り去られたクルマの装備たち
唯一無二の秀逸装備だと思ったのに! シレっとモデルチェンジで葬り去られたクルマの装備たち
WEB CARTOP
アウディF1、26年次世代PU開発の戦略パートナーとしてbpと提携。約2年前から持続可能燃料を共同開発中
アウディF1、26年次世代PU開発の戦略パートナーとしてbpと提携。約2年前から持続可能燃料を共同開発中
motorsport.com 日本版
給料は上がらずクルマの値段は上がるってどういうこっちゃ! 同一モデルで比べたらやっぱりクルマは高額化していた
給料は上がらずクルマの値段は上がるってどういうこっちゃ! 同一モデルで比べたらやっぱりクルマは高額化していた
WEB CARTOP
車の“免許証”「12桁の謎数字」意味はナニ? 「学科試験の成績」がわかるって本当? 「番号」変わることもある? 知られざる「法則」とは
車の“免許証”「12桁の謎数字」意味はナニ? 「学科試験の成績」がわかるって本当? 「番号」変わることもある? 知られざる「法則」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

27件
  • ガソリン燃やしてピストン動かす車は悪で

    ガソリン燃やしてモーター回す車は善という理屈が理解できない
  • 写真を拡大してみたが、どう見ても赤いコスモAP
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

159.0272.8万円

中古車を検索
MX-30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

264.0299.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

159.0272.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村