サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「オートハイビーム」で眩しすぎるライト増加!? 自動切り替えで問題多発?

ここから本文です

「オートハイビーム」で眩しすぎるライト増加!? 自動切り替えで問題多発?

■法的にはハイビーム走行が原則でも「オートハイビーム」は問題が多い?

 夜間にクルマで走行するときは、前照灯(ヘッドライト)や車幅灯(スモールランプやポジションランプ)、尾灯(テールランプやナンバー灯)を点けなければいけないと法律(道路交通法第52条)で定められています。

こうすれば車内はキンキンに冷える!?「炎天下+渋滞」で暑い車内を冷ます方法とは

 しかしこの法律は漠然としており、点灯する時間は「夜間(日没から日出まで)」となっているのみ。

 点灯を開始する「日没」という基準が人によって異なるため、日が暮れてくる時間帯では前照灯を点けているクルマと点けていないクルマが混在して交通事故の危険性が高まるとされています。

 そのため、外の明るさが1000ルクス以下になると自動で点灯する機能の搭載が義務化され、2016年以降の新車にオートライトが搭載されるようになりました。

 道交法ではハイビームで常時走行し、すれ違いなどがある市街地でのみロービームにすると定められています。

 そして、ヘッドライトのロービームとハイビームを自動で切り替える「オートハイビーム機能」を搭載したモデルも増えています。

 カメラやレーダーで対向車や歩行者などを検知した場合は、そのときのみ自動でロービームに切り替える機能も搭載され、メーカーによっては「アダプティブヘッドライト」などと呼ばれることもあります。

 このオートハイビームですが、実はかなり不評だといわれています。その理由が、対向車を検知するのが遅く、自転車、歩行者などはうまく検知できないケースが多発。切り替えのタイミングも遅くなり、すれ違うときに眩しいとの声が多いようです。

 オートハイビームの切り替えがどれほどのタイミングなのかを、ロードサービスをおこなうJAFが検証し、その結果をウェブサイトで公開しています。

 まず、テスト車両がロービームのまま時速60kmで走行し対向車とすれ違う実験では、もともとロービームなので対向車は眩しさをあまり感じず問題ありませんでした。そしてすれ違ったあと、数秒にハイビームに切り替わりました。

 次に、テスト車両が時速60km、ハイビームで走行し、どれくらいで対向車や前走車を検知するかを実験。

 検知した距離は、対向車が約750m手前、前走車が約580mから670m手前、バイクが約190mから490mとなり、自動でロービームへと切り替わりました。時速60kmということは秒速16.66mですので、切り替えに数秒かかるということは、(仮に3秒とすると)切り替わるまでに100m前後は近づいている計算になります。

 しかも障害物などがないテストコースでこの結果ですから、天候や障害物など条件によっては切り替わるタイミングがさらに遅れる可能性もあります。

 さらにJAFのテストでは、自転車や歩行者にはオートハイビームが反応せず、ハイビームのままだったという結果でした。オートハイビームは対向車だけでなく、自転車を運転している人や歩行者の目を幻惑させる可能性が高いといえそうです。

 オートハイビームは、現在装着が増えている「衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)」用に搭載されているカメラやレーダーを使って検知していることが多いようです。

 メーカーの注意書きには「大雨や濃霧など天候の状況次第では正常に作動しないことがあります」と書かれており、その点は注意が必要です。

■眩しすぎて対向車のドライバーに怒鳴られるトラブルも!?

 搭載される車種が増えているオートハイビーム機能ですが、切り替えのタイミングが遅れがちなことから、トラブルに発展したというドライバーもいるようです。

「走行中のオートハイビームが眩しかったらしく、すれ違いざまに罵声を浴びせられたことがあります。怒られるならロービームのままがいいです」(20代・女性)

「夜間、自転車で走行しているとやたらと眩しいクルマが増えました。ヘッドライトの光が目に入ると数秒視界が奪われるので、勘弁してほしいです」(20代・男性)

「後続車が一瞬でもハイビームだと、あおり運転かと心配になります。そもそも昔から自分で切り替えできるのだから、何もオートにしなくても」(30代・男性)

「切り替わるタイミングが微妙ですよ。自分は取扱説明書を読んでオートハイビーム機能をキャンセルしました」(40代・男性)

 JAFの実験のように直線で750mもあるのは高速道路か大きい幹線道路くらいです。また、クルマがすれ違うときのスピードは実際の走行速度よりももっと速いので、対向車が眩しいと感じることが多いようです。

 さらに厄介なのが、山岳路などのブラインドコーナー。カメラやレーダーなどがコーナー手前では対向車を検知できないため、ハイビームの状態でコーナーにさしかかったときに対向車が来る可能性があります。

 手動の切り替えであれば、対向車のヘッドライトの灯りが見えたりして手前でロービームに切り替えることもできますが、オートハイビームだと事前に切り替えてくれません。交通量が少ないとはいえ、山岳路こそ速度を控えてロービームで走行したほうがよいかもしれません。

 義務化されたオートライト機能は、欧州でのデイライト義務化と同様に必要ですし、そもそもバイクは常時点灯なのであまり気になりませんが、よほどの山岳路や周囲にクルマがいない深夜ならともかく、街灯も多い日本の市街地でオートハイビームは要らないともいえます。

 ユーザーからは不満の声が多かったオートハイビームですが、整備士から見ても疑問符がつく装備のようです。

 とくに気になるのはバルブの耐久性です。これまではロービームが主体で、ハイビームは状況に応じて使っていましたが、オートハイビームでは頻繁に切り替わります。

「手動での切り替えよりもオートハイビームの切り替えは頻度が増えるため、その分消耗も激しい部分はあるかもしれません。ただバルブ自体は十分な耐久性があると思います。それよりもスイッチ類の接点が腐食して不具合が出る可能性は考えておく必要がありそうです」

 もうひとつ、最近のクルマへの採用が増えているLEDヘッドライトは、明るく前方を遠くまで照らしてくれますが、ハロゲン以上に光が直線的だといいます。

「軽自動車などは積載する荷物の重量によっては重心が後ろに集中し、車体前方が持ち上がってしまうこともがあります。その結果、ロービームであっても自然とライトが上を向いている可能性も否定できません。

 オートハイビームで検知されづらい歩行者や自転車をさらに眩惑させることもあるので、キャンセルスイッチや解除方法を取扱説明書で確認しておき、状況に応じてオートハイビーム機能を使用するのがいいと思います」

※ ※ ※

 オートハイビームは便利ではあるものの、万全とはいえません。とくに、対向車や歩行者、自転車が多い市街地を走行する場合は必要に応じて手動に切り替えるなど、トラブル回避の意味でも安全かもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します