サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FCAとPSAの合併後の新会社「ステランティス」、株式上場へ…金融当局から目論見書が承認

ここから本文です

FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルス)とPSAグループは11月20日、両社の合併後の新会社「ステランティス」(STELLANTIS)の株式上場に関する目論見書が、オランダの金融当局から承認された、と発表した。

ステランティスとは、ラテン語の「stello」に由来し、「星で明るくなる」ことを意味する。ステランティスの社名には、FCAとPSAグループのそれぞれの豊かな歴史に敬意を表すとともに、自動車業界を変える合併を推進するエネルギーを表現しているという。

両社の対等合併によって、世界新車販売台数は、年間およそ870万台になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ