サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田通商、全樹脂電池の実用化支援 三洋化成工業の子会社APBに出資

ここから本文です
 豊田通商は、次世代型のリチウムイオン電池「全樹脂電池」の開発を手がけるAPB(堀江英明社長、東京都千代田区)の第三者割当増資を引き受けたと発表した。出資額や比率は非公表だが、出資を契機に自動車用への展開を含め、世界初となる全樹脂電池の実用化を支援する。三洋化成工業の子会社であるAPBは、JFEケミカルなど7社からすでに約80億円を調達している。豊田通商の資本参加で、同社のネットワークを開発や販売に生かす。調達資金などをもとに福井県に工場を作り、2021年からまず定置用電池を生産する計画だ。

 一般的なリチウムイオン電池は、電流が電極と並行に流れる。

おすすめのニュース

サイトトップへ