サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの本社工場で純水素燃料電池システムが稼働---CO2排出量ゼロに向けて

ここから本文です

東芝エネルギーシステムズは11月30日、トヨタ自動車の本社工場(愛知県豊田市)向けに納入した純水素燃料電池システム「H2Rex」が運転開始したと発表した。

純水素燃料電池システムは、同工場の自家発電設備の実証サイト「水素発電パーク」内に設置した。トヨタは工場の自家発電設備からのCO2排出ゼロを目指して「水素発電パーク」内に「H2Rex」のほか、2種類の発電機を導入している。水素燃料の一部に従来捨てられていた水素を回収して使うなど、高効率な発電システムを目指して実証している。

「H2Rex」は、水素を直接用いてCO2発生ゼロで発電する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン