サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フィスカー カルマはヴェイロンを凌ぐ最大トルクを発生。米国セダンの変革を目指した【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

フィスカー カルマはヴェイロンを凌ぐ最大トルクを発生。米国セダンの変革を目指した【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、アメリカンブランドの電動セダン、フィスカー カルマだ。

フィスカー カルマ(2011年:日本未導入)
カリフォルニアに本社を構えるフィスカー オートモーティブの「カルマ」こそ、世界でもっとも走行可能距離が長いEVだ。アメリカ生まれで、メルセデス・ベンツ級の高級感とBMW並みのハンドリングを備え、そしてマセラティが担当したような美しいデザイン。その上、最高にクリーンでエコな資質を備えている。つまり、いままでのEVとは立ち位置がまったく異なる。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

システム総合出力は403ps! にもかかわらずプリウスよりCO2排出量は低く、燃費がいい。そんなカルマに、陽光あふれる南カリフォルニアで試乗することができた。

メルセデス・ベンツやBMWのコンバーチブルの改造を手がけていたフィスカー コーチビルド社のデンマーク人CEO、ヘンリック・フィスカーとビジネスパートナーのバーンハルド・コエラーは、2005年にクァンタム・テクノロジー社と出会った。代替エネルギーを開発するクァンタム・テクノロジー社は、アメリカ政府との契約で、敵陣に静かに侵入できるステルス自動車の開発も行ってきた。そしてフィスカーも、軍事用ではなかったが無音のEV開発に参入した。

フィスカー氏はただのCEOではなく、チーフデザイナーも兼ねている。じつは、これまでにアストンマーティン DB9やV8 ヴァンテージ、BMW Z8などを手がけてきた。それを聞けば、ヨーロッパの香り漂うカルマのデザインに、誰もが納得できるだろう。

しかも美しいボディの下、カルマ特製のアルミニウム スペースフレームのシャシに搭載されたEVドライブトレーンは、クァンタム・テクノロジー社がアメリカ軍用に開発してきたステルス自動車からアイデアを得たものだ。150kWの電気モーター2基とリチウムイオン バッテリーパックを搭載し、バッテリーだけで約80kmの走行が可能だ。

さらに、GM製の4気筒2Lターボ ガソリンエンジン(255ps)も搭載しており、これがバッテリーを充電する発電機となる。この充電により、さらに400km、つまり480kmも走行を可能にしている。

発進時のトルクはブガッティ ヴェイロンを凌ぐ1330Nm!
コクピットに着き、スタートボタンを押す。センターコンソールにある小さなピラミッド型のセレクターから「D」を選択すると、デフォルトのEVステルスモードが自動的に選択される。パドルでスポーツモードを選択すれば、エンジンで発電させることもできる。

スロットルペダルをめいっぱい踏み込むと、いきなり最大トルクの1330Nm!が発生する。これは、あのブガッティ ヴェイロン(1250Nm)を凌ぐ数値だ。加速は爆発的というわけではないが、十分以上だ。車両重量は未公開(2トンくらい?)だが、ステルスモードで0→100km/h加速は7.9秒、最高速度は155km/hと公表されている。

フィスカー オートモーティブでは今回の試乗用に特設の公道コースを用意していたが、そこを1周走るだけで、カルマのハンドリングの実力は明らかだった。鍛造アルミニウム製アームのダブルウイッシュボーン式サスと、セルフレベリング リアダンパーのおかげで、その走りはトップクラスの安定感を誇る。ステアリングの重さや手応えは適度で、前47:後53と重量バランスが優れており、ターンインはシャープで正確。限界域でもアンダーステアはほとんど出なかった。

ホイールベースは3.16mと超長く、タイヤはワイドな22インチのGY イーグルF1。これらが相まって、カルマは直線でもコーナーでもフラットな姿勢を保ち、フルブレーキングでもほとんどノーズダイブしない。コーナリングの限界は高く、それでもリアが流れ出してもクルマの動きは読みやすいので、スロットルワークとカウンターステアで修正は容易だ。

スポーツモードに切り替えると、エンジンが大きな音をたてて静寂は破られた。前輪の後ろに配されたエキゾーストパイプから乾いた音がする。このスポーツモードでは0→100km/h加速は5.9秒、最高速度は200km/hに達する。ブレーキはブレンボ製で前:6ポッド、後:4ポッド。制動力とペダル剛性は優れていて、耐フェード性もいい。

カルマの先進的な部分は、センターコンソールにもある。10.2インチの大きなタッチスクリーン上の簡単な操作で、エアコンやオーディオなど、ほぼすべてのコントロールができるのだ。

米国での基本価格は9万6850ドル(当時のレートで約814万円)だが、すでに3000台のオーダーが入っているという。フィスカーのマーケットは十分にあるという証拠だ。日本にも導入が計画されているというから、今後に期待したい。(編集部註:フィスカー オートモーティブは2013年に経営破綻し、日本には導入されませんでした)

■フィスカー カルマ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4996×1984×1330mm
●ホイールベース:3160mm
●車両重量:未公表
●エンジン種類:直4 DOHCターボ+モーター
●排気量:1998cc
●最高出力:188kW<255ps>/5900rpm
●最大トルク:349Nm<35.6kgm>/2000rpm
●モーター最高出力:300kW
●総合出力:296kW<403ps>
●総合トルク:1330Nm<135.7kgm>
●トランスミッション:無段変速
●駆動方式:FWD
●航続距離:80km(EVのみ)/480km(エンジン併用)
●タイヤ:前255/35R22、後285/35R22
●当時の車両価格(米国):9万6850ドル

[ アルバム : フィスカー カルマ はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します