サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 100万円以下なのに重課税もなければボロでもない! 選んで間違いなしの中古SUV5選

ここから本文です

100万円以下なのに重課税もなければボロでもない! 選んで間違いなしの中古SUV5選

2011年以降のモデルをピックアップ!

 今や空前のSUVブーム。以前はSUVのあまり興味を持たなかった自動車ユーザーも、これを機にSUVの世界を味わってみたい・・・・・・と、思っているかもしれない。ただし、新車を買う予算はない。できれば100万円ぐらいで中古車を手に入れられないだろうか? 無理な話かな~と思いきや、実はそうでもない。

予算100万円未満で探す中古車! コスパに優れるアウトドア系SUV4選

 中古車が新車より高い中古プレミアム価格で推移しているスズキ・ジムニーや、新車時の絶対数が少なく、中古車もほとんど出回っていないトヨタ・FJクルーザーなどを除けば、100万円前後で手に入る(車両本体価格)SUVは、国産・輸入車を含め、けっこうあるから安心していただきたい。

 筆者がこれから紹介する車種には、ある条件をつけた。それは、●3年は乗り続ける●自動車税と重量税が割増しになる「新車登録から13年目」ルールを考慮し、10年落ちまでを候補としたいのだ。つまり2010年登録以降、できれば余裕を見て(すごく気に入り、3年で手放しがたくなったことを想定)2011年以降を推奨する。

1)マツダCX-5

 100万円前後で手に入る中古SUVのお薦め車種の筆頭は、マツダCX-5だ。もちろん、2012年デビューの初代型になるのだが、現在のマツダのクルマ造りの基礎となるスカイアクティブ技術を採用し、2リッターガソリン、2.2リッタークリーンディーゼルエンジンが選べ、さらに見た目が現行の2代目とそう大きく変わらない印象だからである。

 できれば、「20S PROACTIVE」「25S PROACTIVE」「XD PROACTIVE」グレードを探せればベター。各パワーユニットのベーシックグレードである「20S」「25S」「XD」に対して、先進安全支援機能として「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」、ブラインドスポットモニタリング(BSM)」「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」の3点が追加装備され、先進安全支援機能が最新モデルに遜色ないレベルにあるからだ。

 年式的には、2012~2014年型が手に入る可能性があり、今回紹介する中古SUVの中でもっとも年式が新しいクルマが選べる。走行性能や使い勝手を含め、満足度の高い1台がこのマツダCX-5となる。

2)日産エクストレイル

 アウトドア派やサーフィン、サーフボードなどを楽しむアクティブユーザーにお薦めなのが、日産エクストレイル。100万円前後の予算では、2007年デビューの先代となる2代目の後期型が手に入りそうだ。パワーユニットは2リッター&2.5リッターガソリンと、2008年からはクリーンディーゼルエンジンも追加ラインナップ。

 4WDシステムはオールモード4×4-iと呼ばれるもので、悪路走破性はハイレベル。注目は、一部グレードにある、運転席で着替えが可能になるポップアップステアリングや、オプションでフル防水インテリアがあったこと。2013年型の4WD車には、前後席シートヒーターも付くなど、スノースポーツ派にももってこいの1台だろう。

3)ホンダCR-V

 同クラスでは2011年に登場した、 ホンダCR-Vの4代目(事実上の先代)の前中期モデルが100万円前後で手に入るようになった(後期モデルは日本市場にはない)。現行型の5代目とエクステリアデザインの印象が大きく変わらず、中古車っぽく見えないのがポイントで、なおかつ現行型の全幅1855mmに対して4代目は1820mmにとどまり、日本国内での扱いやすさという点では現行型を上回りそうだ。

 お薦めは、2012年10月のマイナーチェンジ以降のモデル。新たに前席用i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)を標準装備したことがその理由。非搭載車と数万円の差なら、安全のためにぜひこちらを選んでほしい。

4)スバル・フォレスター

 そのほか100万円前後で比較的新しい年式が手に入る国産SUVとしては、水平対向エンジン搭載でシンメトリカルAWD+Xモードで悪路にもめっぽう強い、2012年デビューのスバル・フォレスターの4代目初期型、2013年型あたりが探せそうだ。

 もちろん数万円高くても、当時設定グレードがあった、先進安全運転支援装備のアイサイトVer.2付きモデルを狙うべきだろう。スバル・アウトバックはタマ数が少なく、100万円前後で手に入りそうなのは、2011年型ぐらいになってしまう。

5)輸入車という手も

 ところで、100万円前後で輸入SUVなど手に入るはずもない・・・・・・と思いがちだが、そうでもない。本格SUVではないものの、ミニ・クロスオーバーなら2013年型、ボルボXC60だと2011年型、手ごろなサイズ感がうれしいBMW X1、アウディQ3であれば2012年型あたりが狙える。

 ただし、ブランドバリュー、新車価格に対する値ごろ感がある一方、10年近く使われた輸入車は、そろそろメンテナンスコストがかかり始める時期なので、そのコストを承知で乗る必要があることを忘れずに・・・・・・。国産車と比較すれば、点検、整備、パーツなど、高額になるのは当然だからである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します