サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FRが常識のトラックに、FFがあったなんて!

ここから本文です

国産初の本格FFトラック。なぜFF?

FF方式の小型トラックが、何と約50年前に存在していた。1972年4月に発売し、1979年5月までの総生産台数は832台。いすゞが保管している超レアモデルを取材した。

信号待ちでスマホを操作……捕まる? 捕まらない?【ながら運転厳罰化】

トラックはキャブオーバー型の場合、キャブ(運転台)の下にエンジンを縦置きしてプロペラシャフトで動力を後輪に伝える。つまり、駆動方式で言えばFRが常識だ。しかし、エルフマイパックはキャビン前方中央に縦置き搭載したエンジン/トランスミッションによって前輪を駆動するFF車なのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン