サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 電動キックボードの公道走行でヘルメット着用が任意…「新事業特例制度」に認定

ここから本文です
経済産業省は4月23日付けで、産業競争力強化法に基づきマイクロモビリティ推進協議会の4社から申請された新事業活動計画を認定した。計画内において、電動キックボードの公道走行時にヘルメットの着用が任意となる。4社はシェアリングサービスを開始する予定だ。

新事業は産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」を用いた。特例制度は、新事業を行なおうとする事業者が、事業の支障となる規制についての特例措置を提案し、安全性の確保などを条件として、事業計画に即して当局が規制の特例措置を認める制度だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン