サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > JAXAとホンダ、循環型再生エネルギーシステムの実現性検討を開始 宇宙で酸素・水素や電気を持続的に供給

ここから本文です
宇宙航空研究開発機構(JAXA)とホンダは6月14日、共同研究を進めている循環型再生エネルギーシステムについて、実現性の検討を開始すると発表した。

宇宙で人が生活する上で必要となる水や食料、酸素や燃料となる水素、電気などを地球から補給することなく宇宙で入手するためには、太陽エネルギーにより水を電気分解して酸素と水素を製造する高圧水電解システムと、酸素と水素から電気と水を発生させる燃料電池システムを組み合わせた「循環型再生エネルギーシステム」を構築することが解決策の一つとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン