サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1、トルコGPでのQ2進出に満足「良いマシンがあれば、我々は入賞に届く」

ここから本文です
 ハースF1チームは、先日行なわれたF1トルコGPで、ミック・シューマッハーが予選Q2に進出し、14番グリッドを獲得する活躍を見せた。これについてチーム代表のギュンター・シュタイナーは、良いマシンを開発することさえできれば、定期的にポイントを争えるはずだという信念を持つことができるようになったと語る。

 ハースは、新規則が導入される2022年用マシンの開発にリソースを完全に集中するため、2021年用マシンのアップデートを行なわないことを決定。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン