サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ、サインツJr.のPU異常で3基目を投入。問題のPUはファクトリーで検査へ

ここから本文です

 フェラーリF1は第11戦ハンガリーGPの初日の走行終了後、カルロス・サインツJr.のマシンに搭載されたパワーユニット(PU)から、看過できない幾つかのパラメーターが検知されたため、3基目のPUを投入することになった。

 問題が確認されたのは初日夜。フェラーリはPUを取り外すことを決定し、そのパワーユニットをマラネロのファクトリーへと返送。さらなる分析を行なうことになった。

■ルクレール「フィーリングには満足。予選でより力を引き出したい」気温低下にも期待

 このため、チームはサインツJr.に今シーズン3基目のPUを投入。深夜作業の制限(カーフュー)を破り、2日目に向けて準備を行なった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン