サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル詳報」新型プレミアム・コンパクト、ノート・オーラはノートと何がどう違うのか?

ここから本文です

「最新モデル詳報」新型プレミアム・コンパクト、ノート・オーラはノートと何がどう違うのか?

まずノート・オーラ誕生の背景を説明しよう

 ノート・オーラが登場した。フェアレディZやアリアが新生日産を“象徴”するモデルなら、8年ぶりにフルモデルチェンジしたノートは“ビジネス”を支える1台。販売台数で頑張る必要があり、幅広いユーザーを獲得しなければならない。日産は「シリーズで戦う」という戦略を立てており、さまざまな派生モデルを設定する計画があるようだ。

日産が新世代クロスオーバーEV「アリア」の日本専用特別限定車「アリアlimited」を発表

 その第1弾が、オーラである。オーラ登場の背景には現在の日産のお家事情もある。Cセグメントの上級ハッチバックが国内仕様にないのだ(海外用はパルサーを設定)。そのためノート1台で、幅広いニーズに応える必要があった。

ボディは3ナンバーワイドボディ、先進で上質な室内空間

 エクステリアの基本的なフォルムは共通である。だが、オーラは拡幅された専用のワイドボディのため、3ナンバーサイズに変更(全幅1695→1735mm)。アリアと共通イメージの前後デザイン、そして17㌅の樹脂加飾付きアルミホイールを装備する。

 先進感とプレステージ性をプラスしたオーラのエクステリアは大きな魅力。とくにボディサイドは印象がまるで異なる。寸法の制約でノッペリした印象だったノートに対し、オーラは抑揚のあるフォルムになった。グッと張り出したホイールアーチと4本のタイヤが踏ん張った安定感を演出する。サイズ的にはわずかな違いだが、その差はかなり大きいと感じた。

 インテリアは上質だ。ノートはクラスレスな先進性が魅力的だったが、オーラはさらに磨きを掛けている。最大の相違点は12・3㌅のフル液晶メーター。より未来的な表示になり、イメージを変えた。ツイード表皮/木目調パネルを組み合わせた室内加飾やシフト周辺のイルミネーション、専用シート(標準がツイード/本革はop)が室内空間の印象を高めている。華美な豪華さではなく、モダンリビングのようなイメージである。

 惜しいのは細部の質感。各部のクオリティが高まった結果、前時代的な空調コントロールパネルとインパネ下側のハードプラスチック部がノート以上に目立つ。このあたりがアップデートされると完璧になるのだが。

 ラインアップはGとGレザーエディションの2グレード構成。駆動方式はFFと4WDが選べる。価格は261万300円から295万7900円。プロパイロットはナビゲーションなどとセットop(40万1500円)。ノートXに対し車両価格は42万円ほど高価だが、オーラはノートではopのLEDヘッドライトや本革ステアリング、インテリジェントアラウンドビューモニターなどが標準。装備内容を考えるとリーズナブルな設定といえなくもない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します