サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カローラクロス発売で激震? 元SUV王者C-HRの立ち位置と今後

ここから本文です

 2016年にトヨタの世界戦略SUVとして登場したC-HR。2017年にはSUV販売台数ナンバーワンに輝き、プリウス・ノート・アクアに次いで、年間11万台以上を販売した超人気車だった。

 しかし、モデルライフはそろそろ5年を迎え、2019年10月のマイナーチェンジを最後に大きな改良はない。販売台数も2021年7月は月販1,369台と奮わず、ハリアー・RAV4・ライズ・ヤリスクロスといった、同門SUVに大きく溝を開けられている状況だ。

アイドリングストップ機構はコスト面でも操作性でもキャンセルが正解?

 9月14日にはカローラクロスの登場が予定されており、車格の近いC-HRは、ますます苦戦が強いられるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ