サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 夢のエンジンに割安感が漂ってきた…!?? マツダ3の中古車事情に変化あり!

ここから本文です

「第七世代」というとお笑い芸人と思う人が多いかもしれないが、マツダの商品群も現在第七世代と呼ばれる商品が2019年から登場し始めた。

 その新世代商品群のオープニングを飾ったのが、2019年5月に登場した「マツダ3 ファストバック/セダン」だ。先代モデルは日本市場では「アクセラスポーツ/アクセラ」のネーミングで販売されていたが、今回のフルモデルチェンジを機にグローバルモデルの名称である「マツダ3」へと変更されている。

地獄への階段? 年収300万円のサラリーマンが最安700万円台のフェラーリを買って生活できるのか?

 同様にアテンザが「マツダ6」、デミオが「マツダ2」に名称変更しているが。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン