サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ベントレー謹製の12気筒を味わうなら今のうち──新型コンチネンタルGTスピード試乗記

ここから本文です

ベントレー「コンチネンタルGT」の高性能版「スピード」に小川フミオが試乗した。

よく出来たクーペ

新型BMW 7シリーズ発売開始──ディーゼルも設定へ!

これが世のなかからなくなってしまっては惜しい。懐があったかいクルマ好きに、1度は乗ってもらいたいのが、12気筒搭載のぜいたくなクーペ、ベントレー「コンチネンタルGTスピード」だ。

6.0リッターエンジンは485kW(659ps)の最高出力と、900Nmの最大トルクを発揮する。これに、電子制御されたリアディファレンシャルと、4WDシステムが組み合わされた。

おすすめのニュース

サイトトップへ