サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “レッドブル・レーシング・ホンダ”としての初勝利を達成「今年のマシンは戦えると実感」と山本MD/F1第2戦

ここから本文です
 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、レッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは11位だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は12位、ピエール・ガスリーは7位で入賞を果たした。

 レース前に雨が降り、ウエットから次第にドライにコンディションが変化するなかで決勝が行われた。ホンダ勢はフェルスタッペン、ペレス、角田がインターミディエイトタイヤ、ガスリーはウエットタイヤでスタートした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン