サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > わずか1年でのエンジン改良にオーナーはショック! まだ新しいスープラを変える理由とは

ここから本文です

 2019年に日本で登録されたスープラはわずか900台弱

 トヨタ・スープラは2019年5月に発売されたが、2020年2月には改良型エンジンの搭載を発表。4月には国内でもRZの3リッターターボの出力を高め、価格を含めて公式に発表された。ただし販売店では「改良のために納期が伸びて、4月以降に受注した車両が納車されるのは11月以降になる。正確な納期はわからない」という。

復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

 そうなるとスープラは、実質的に日本国内でほとんど登録されていない。2019年5月の発売時点で、当初の予定よりも日本仕様の生産枠を増やしたが、それでも納期は半年以上を要した。

おすすめのニュース

サイトトップへ